2019年10月20日

お互いにめざすものがあるはずだった、神奈川ダービー。

横浜F・マリノスも、湘南ベルマーレも、目標は違うけれど、目指すものがあるそれぞれのチーム事情。

最初は、両チームとも飛ばしてましたね。

ちょっと、縦に急ぎすぎていた感じ。

試合開始前から気合入ってましたね、両チームともゴール裏は。

横浜F・マリノスは、マリノス君がいつものように、大きく手ぶり身振りでリードしてくれていました。
マリノス君

トリコロールの旗もきれいでした。
トリコロール

一方、湘南ベルマーレも、ハートが二つ。

緑と青のチームカラーでしょうか。
湘南ベルマーレ

横断幕には、ちょっと意味深な言葉が。

「縦の美学」第三章のスタート。一人一人がベルマーレの一員として自覚と誇りを持って最後まで戦え。
「縦の美学」第三章のスタート。一人一人がベルマーレの一員として自覚と誇りを持って最後まで戦え。

縦の美学?

第三章?

うーん、難しくてよくわかりませんでした。

この日の解説者は、水沼貴史さんでした。試合開始直前に到着したみたい。
水沼貴史

いつもアウェイ寄りの解説になるのが気になるなぁ。

もっと、OBとして、元監督として横浜F・マリノスを愛するコメントをお願いします!!



posted by とりこ at 16:32 | Comment(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |