2016年05月02日

ボールパーソン

普段はあまり気にもしていませんでした。

ごめんなさいね。

でも、ボールパーソンって、意外と大変な立場の方たちなんですね、ってこの前の湘南ベルマーレ戦で思い知らされました。

さっき、中村俊輔選手が大きなアクションでこちらに何か話していたからなあ、どうしよう?
ボールパーソン

今まで下手で投げ入れていたけれど、上手で投げ入れろってことかなあ?どう思う?
ボールパーソン

どうしろっていうの?
ボールパーソン

横浜F・マリノスの下平匠選手なら、わかってくれるかなあ。えいっ!
横浜F・マリノス下平匠

横浜F・マリノスの中村俊輔くんが、あんなにボールボーイにうるさく訴えているのは初めて見た光景でした。

横浜F・マリノス中村俊輔

イライラしているように見えたなあ。

確かに、ボールパーソンの人がボールを投げ入れるのが遅かったような気はしましたが、いつもとそれほど変わらなかったように感じたので、どうしちゃったのって。

プレイングタイムを長くするリーグの方針のせい?

でも、そうだとしたら、ボールパーソンだけに言ってもね。


ボールを持ちすぎないで、もっと縦に速くって、選手もそうだよね。

リスタートもノロノロしちゃだめだし。

難しいね。


posted by とりこ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス |
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | ブログランキング | | | とれまが人気ブログランキング | ブログ王 | | |

2016年05月01日

横浜F・マリノスと元横浜F・マリノスの対決

PKのシーンとか、試合終了後に横浜F・マリノス中村俊輔くんがゴール裏に向かって叫んだシーンとか、いろいろあった湘南ベルマーレとの闘い。

何となく、日産スタジアムでここぞ!というときに勝てない癖は相変わらずと、思ったのは私だけでしょうか。

集客にはもってこいの時なんですけど・・・

奈良輪雄太くんと齋藤学くんの競り合い。富樫敬真くんと藤田祥史くんもポジション取りで争っています。
奈良輪雄太、齋藤学、富樫敬真、藤田祥史

こちらはもうぐちゃぐちゃ。奈良輪雄太くんはやっぱり齋藤学くんをぴったりマーク。
奈良輪雄太く、齋藤学

こちらも。きっと奈良輪雄大くんは齋藤学くんをマンマークしろ!って、指示されていたんでしょうね。
奈良輪雄太く、齋藤学

悔しいけれど、楽しそうでした。飛び跳ねて。

喜ぶ湘南ベルマーレイレブン。
喜ぶ湘南ベルマーレイレブン

俺たちの湘南 今日も戦おう こんな俺らがついているのだから どんな時でも恐れるな 自分を信じて勝利を掴め
俺たちの湘南 今日も戦おう こんな俺らがついているのだから どんな時でも恐れるな 自分を信じて勝利を掴め

本当に、自分たちを信じて戦い方を貫いてきた感じでした。

カイケくんも信じて頑張ってほしいです。


posted by とりこ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス |
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | ブログランキング | | | とれまが人気ブログランキング | ブログ王 | | |

Loading
とりこと横浜F・マリノス トリコロールの魂を持つ選手たち、みんながんばってほしいです。 横浜F・マリノスの選手がんばってネ。