2016年07月21日

サイドバックって、難しいね

サッカーって、ゴールという枠の中にボールを入れるゲームで、結構単純だと思うのですが、意外と奥深いですよね。

攻めと守りの二つがあるのでしょうが、だからといって片方だけ、というわけでもないのも難しいところでしょうね。

フォワードは攻め。

センターバックは守り。

そう、単純にいかないですよね。

セットプレーもあるし。

サイドバックは、なおさら難しいポジションだなあ、と最近そう思うことが多いです。

下平匠くんが怪我でいませんし。

去年までであれば、ミキッチ選手を完ぺきに封じ込めた奈良輪雄太くんもいましたが端戸仁くんと一緒に湘南ベルマーレに移籍しちゃった。

天野貴史くんや比嘉祐介くんもいたのですが、今年は、小林祐三くん、金井貢史くんだけ。

三門雄大くんも、サイドバックができましたが、アビスア福岡に移籍してしまいましたよね。

新井一耀くんもこなしましたが、やっぱり、本職じゃないと難しいですね。

遠藤渓太くんも、だし。

カップ戦で登場した、高野遼くんは面白そうですが。


攻めの時は思い切りが必要なポジション。

それでいて、センターバックと一緒に、守りの時は、サイドから攻撃されないように相手に寄せなければいけない。

スタミナは絶対に必要です。

そして、相手にビビっていてはできないよね。

ズルズル下がるのも見たくありません。


そう考えると、結構見る目が厳しくなってしまうポジションがサイドバック。

非難を浴びやすいですが、やりがいあるポジションなので、頑張ってほしいなあ。

ね、横浜F・マリノスの右サイドバック、小林祐三くん。
横浜F・マリノス小林祐三

KOBAYASHI YUZO 13 小林祐三
横浜F・マリノス小林祐三


posted by とりこ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス |
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | ブログランキング | | | とれまが人気ブログランキング | ブログ王 | | |

Loading
とりこと横浜F・マリノス トリコロールの魂を持つ選手たち、みんながんばってほしいです。 横浜F・マリノスの選手がんばってネ。