2016年08月12日

内村航平選手にも負けない横浜F・マリノスのトリコロール勇者たち

内村航平選手は、ある意味変態ですね。

もちろん、異常なくらい素晴らしいという意味の話です。

金メダルおめでとうございます。

メダルを争った2位のオレグ・ベルニャエフ選手もすごい!

逆転負けしてくらしいはずなのに、恨みつらみは一切なし。

すばらしいスポーツマン精神です。

ウクライナの選手ということは、環境的に必ずしも恵まれた状況ではなかったはずなのに・・・


手倉森ジャパンは、結局あまりいいところなくオリンピックがあわってしまいましたね。


横浜F・マリノスの選手たちはどんな気持ちで見えいたのかしら。


特に、富樫敬真くん、喜田拓也くん、前田直輝くんあたりは、複雑な気持ちだったんでしょうね、きっと。

齋藤学くんと富樫敬真くん
齋藤学と富樫敬真

喜田拓也くんと中村俊輔くん。
喜田拓也と中村俊輔

前田直輝くん
前田直輝

土曜日の大宮アルディージャ戦に向かって、気持ちを切り替えてほしいなあ。

大宮アルディージャとは、8月9月で3試合闘うことになっています。

あまり相性がいい相手ではありませんが、過去にとらわれず、内村航平選手と同じように目の前にとにかく集中してほしいと思います。


posted by とりこ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス |
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | ブログランキング | | | とれまが人気ブログランキング | ブログ王 | | |

Loading
とりこと横浜F・マリノス トリコロールの魂を持つ選手たち、みんながんばってほしいです。 横浜F・マリノスの選手がんばってネ。