2016年09月20日

周りは関係ない、走り続ける中村俊輔

気になるはずの試合展開でも、ベンチ入りしたのであれば、気にしてばかりはいられない。

そんな気持ちの表れだったのだと思います。

走り続ける横浜F・マリノス中村俊輔くん。
横浜F・マリノス中村俊輔

結局、出番は回っては来ませんでしたが、日産スタジアムで行われたアルビレックス新潟戦ではいつモンバエルツ監督からお呼びがかかっても任せなさい!と言わんばかりに走り続けていました。

マリノス君の後ろを走りつづける中村俊輔くん。
横浜F・マリノス中村俊輔とマリノス君

他の選手がピッチでの試合展開を気にしているのに・・・中村俊輔くんは我が道を行く集中力。

中村俊輔くん、遠藤渓太くん、坂本寛之くん、天野純くん。
横浜F・マリノス中村俊輔、遠藤渓太、坂本寛之、天野純

このほんのわずかな差が大きな差なのかもしれません。

齋藤学くんも遠藤渓太くんピッチを気にしてばかりじゃだめだよ!
横浜F・マリノス齋藤学と遠藤渓太

ハーフタイムでは、2種登録のディフェンダー坂本寛之を相手にいつものようにボールを蹴っていました。
横浜F・マリノス中村俊輔

ボールは友達!
横浜F・マリノス中村俊輔

中村俊輔くんの伝家の宝刀フリーキックを拝める日も近そうですね。

天皇杯のヴェルディー戦はどうするのかしら。

やっぱり、因縁の川崎フロンターレ戦でエンジン全開になるように調整しているんでしょうね、きっと。

期待が膨らみます。

私の中ではもう、心臓バクバクになるくらい。


posted by とりこ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス |
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | ブログランキング | | | とれまが人気ブログランキング | ブログ王 | | |

Loading
とりこと横浜F・マリノス トリコロールの魂を持つ選手たち、みんながんばってほしいです。 横浜F・マリノスの選手がんばってネ。