2017年10月01日

あきらめず、力を合わせることの意味

みんないろいろな思いで毎日生きています。

鹿島アントラーズの勝ち点が61。

横浜F・マリノスの勝ち点は51。

残り試合は、6。

横浜F・マリノスがすべて勝っても勝ち点は、69ということを考えれば、優勝の可能性は、極めて小さいと言わざるを得ません。

金井貢史くん、齋藤学くんが先日負傷してしまい、昨日も松原健くんが負傷交代を余儀なくされてしまった横浜F・マリノス。

苦難の連続です。

それでも、横浜F・マリノスを応援し続けるのは、なんのため?

回りから見れば、消化試合を応援しているようにしか見えないかもしれません。

でも、ひとりひとり、目の前で必死に戦う選手たちに寄せる思いがあるのです。

自分の願いを託す人もいるかもしれません。

単純に、選手の躍動する姿を見たい人もいるでしょう。

たった一つのゴールに、涙する人も。

サッカーを愛する人にしかわからないものかもしれません。

みんなで必死に戦って、何とか掴み取った勝利の後の日曜日。

ゆっくり過ごしながら、ちょっといろいろ考えています。

横浜F・マリノスゴール裏

昨日は、ガンバ大阪のアデミウソンくん、ファビオくん、藤本淳吾くんとはお会いできませんでした。

みんな、それぞれ、同じサッカーを愛する人間として、明るい未来が待っていますように・・・


posted by とりこ at 15:24 | Comment(2) | 横浜F・マリノス |
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | ブログランキング | | | とれまが人気ブログランキング | ブログ王 | | |

Loading
とりこと横浜F・マリノス トリコロールの魂を持つ選手たち、みんながんばってほしいです。 横浜F・マリノスの選手がんばってネ。