2008年06月23日

ラッキーゴールの怖さ

ラッキーゴールでの結末。

日本代表のワールドカップアジア3次予選の最終戦の結末。

ラッキーなのは、まあいいとして。

このラッキーで、すべてを水に流してしまうのはいかがなものかと思いました。

元横浜F・マリノスの中村俊輔くんを先発に起用して岡田監督でしたが、あまり、効果的ではなかったような気がします。

ところどころ、スルーパスがいい感じで通ってはいましたが。

佐藤寿人くんの必死のプレーで手にしたPKも失敗!

やはり、怪我の影響と、雨の影響をもろに受けた感じでした。

他の選手も全体的に、ミスが多いし、予選突破で気が抜けて様な雑なプレーも目に余りました。

左サイドの安田くんも、怪我していたのかどうか知りませんが、もう、見ていられない!って、叫びそうになっちゃいましたね。

横浜F・マリノスの山瀬功治くんも、かなり遅めの登場でやきもき。

しかも、出てきたと思ったら、今まで楔を受けていた玉田選手と、逆になって、楔を受けて、玉田選手にパスを出す場面が多く、玉田選手がシュートを打ってまはずしまくり。

何か、玉田選手と山瀬くんが逆になっていれば、良かったのに。

山瀬くんは、やっぱり、ゴールを背にしてボールを受けるんじゃなくて、前を向いて突き進むのが得意なので、そういう姿を見せて欲しかった。

回りのみんなもわかっているはずなのに。。。

どうも、しっくり来ていない感じがしました。

反省すべき点が、ラッキーゴールであいまいにならなければいいですが。
posted by とりこ at 05:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック