2008年07月21日

ひとつ冷静に頭を冷やして、データから降格圏脱出へ分析

悔しいですが、今の現実をいったん受け入れて見ます。

受け入れざるを得ないので。

冷静に、過去の降格チームと比較してみます。

2007Jリーグ ディビジョン1 横浜FC
123456789
a浦和h横浜FMa川崎Fh名古屋a千葉h鹿島aF東京h清水a甲府
1●21○00●61●20●40●10●11△10●1
11(0)9(3)13(3)14(3)17(3)18(3)18(3)18(4)18(4)
101112131415161718
h神戸a広島a大宮h大分aG大阪h磐田a新潟h柏h千葉
0●32○00●12○11●21●21●32●40●1
18(4)17(7)18(7)18(10)18(10)18(10)18(10)18(10)18(10)
192021222324252627
a横浜FMh甲府hG大阪a鹿島a清水h広島hF東京a大分a磐田
1●80●21△11●20●11●20●20●20●3
18(10)18(10)18(11)18(11)18(11)18(11)18(11)18(11)18(11)
28293031323334
h川崎Fa神戸h大宮a柏h新潟a名古屋h浦和
0●10●30●11△10●20△01○0
18(11)18(11)18(11)18(12)18(12)18(13)18(16)  

そして。

2008Jリーグ ディビジョン1 横浜F・マリノス
123456789
h浦和a札幌a鹿島hF東京a名古屋h柏h清水a大分h千葉
1○02○11●23○00●22○01△10●13○0
5(3)3(6)5(6)3(9)4(9)3(12)4(13)5(13)5(16)
101112131415161718
a東京Vh大宮aG大阪a京都h磐田a川崎Fh新潟a神戸h鹿島
2●31△12△20●10●11●20●10●10●2
6(16)6(17)7(18)9(18)11(18)14(18)16(18)16(18)16(18)
192021222324252627
aF東京hG大阪a清水h札幌a大宮h神戸a磐田h川崎Fh大分
28293031323334
a新潟h名古屋a柏h京都a千葉h東京Va浦和  

こういうふうに戦績を比べてみれば、不吉な予感と楽観的な側面と両方が見えてくる気がします。

不吉な面。

開幕戦、最終戦の相手。

たまたま何でしょうが、赤いチーム。

FCは、最後に赤いチームの優勝という芽を摘み取ることでかすかな鬱憤晴らし。

でも、こんなことは、本当にたまたま。


むしろ、勝ち点を見てください。

FCは、最終節まで終わって、やっと、16。

一方、我が横浜F・マリノスは、すでに、18。

続いて、連敗ストップの時期、数、相手に注目。

FCは、中断明けしばらくして、7連敗でストップ。相手は、ガンバ大阪。

今年の横浜F・マリノスは、まだ、6連敗。次の相手は、FC東京、そしてその次がガンバ大阪とのナビスコ、リーグ戦の連戦。

何だ、もう、光が見えてきたじゃないですか。

記録はいつかは止まるもの、次のFC東京、ガンバ大阪あたりが、方向転換のきっかけになりますね、絶対。

やったね。

(^^♪


何故か、マクドナルドも応援していましたね、昨日。
横浜F・マリノスとマクドナルド
posted by とりこ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック