2008年11月12日

多くの選手にチャンスを与えたい

サッカー日本代表の岡田監督、先を見た言葉なんでしょうか。

岡田監督「多くの選手にチャンスを」…13日シリア戦

それとも、核となる選手が離脱してしまって、替えが効かずに悩んでいる証拠?

メンバー選定の決定打なし?

多くの選手にチャンスを与えるというのは、ある意味、平等でとてもいいことです。

横浜F・マリノスの木村監督も同じような方針で、調子のいい選手、やる気のある選手を起用するといってはばからないのはご存知の通り。

でも、逆に言えば、戦力が固まっておらず、本当に強いチームをまだ築き上げ切れていない証拠なのかもしれませんね。

さっき、ガンバ大阪がACLを制することができたというのをニュースで知りました。

ガンバも必ずしも、今年は調子がよくなかったですが、やはり、核となる選手だけは、いつも固定されていたような気がします。

さあ、日本代表は、シリア戦、カタール戦に向けて、くいの残らないようにやってほしいです。

横浜F・マリノスの選手はいませんが、応援しましょう。

そして、我が横浜F・マリノスは、天皇杯の駒をしっかり進めることにしましょう。

中澤祐二さんは、ジェフ千葉戦での復活に向け、リハビリに励んでいるようです。

他のみんなも、頼りにするだけでなく、俺がやってやる!くらいに頑張ってください。

私も、最後まで応援しますよ!
posted by とりこ at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック