2008年11月13日

日本代表勝利、そして、「誤解」

サッカーの日本代表、ワールドカップ予選直前の親善試合、日本での試合でしたので、ファン離れを食い止めるためにも勝利がほしかったでしょうが、しっかり、勝ち逃げできましたね。

長友選手が、活きのいい動きを見せていましたね。

その反面、内田選手がおとなしかったような気もしました。

やはり、両サイドともにいい動きをするのは難しいのかなあ。

横浜F・マリノスのサイドにも言える事ですね。

ともかく、岡田監督、本番に向けて、少しは安心できたのかなあ。

日本のファンの目の前でそれなりの試合ができたので。

それにしても、セレッソの香川選手は、また、ヘディング練習しなくっちゃね。

相手にPKもあげちゃったしね。

もう少し、うまく、相手と競り合うといいのにね。

さて、試合も終わって、横浜F・マリノスの公式サイトを見てみたら....

11/8、京都サンガF.C.戦における誤解を与える行為について

何をいまさら、って気がしちゃいました。

しかも、「誤解」って?

あれは、「誤解」じゃなくって、「挑発」でしょ。

横浜F・マリノスのサポーターの怨念が、どういうものか、期待している行動としか思えませんでした。

ま、悔しいけど、3点とも、やられた事実は事実ですが。

あの悔しさ、目には目を!っていう感じで、今度の対戦では、大量得点で勝利しないと気がすまないでしょ。

マリノスの選手たちも、サポーターも。

ま、来年のお楽しみにとっておきましょうね。
posted by とりこ at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック