2009年02月11日

勝てそうで勝てない。それが勝負。

やはり、勝負というものは甘くは無いですね。

お互いに、真剣勝負ですから。

岡田監督率いる日本代表のピム監督率いるオーストラリア代表との因縁の対決。

結構、いいペースでやっていたんですけどね。

2006年の仕返し、できそうでできなかったですね。

結果的には、オーストラリアに勝ち点1をあげてしまったともいえる悔しさが残りました。

横浜F・マリノスの中澤佑二さん、がんばって体張っていたんですが。

中村俊輔くんも、セットプレーでの得点こそ無かったですが、要所要所でいいパスを通したり、守備に貢献したりしていましたね。

それにしてもちょっと、驚いたのがベンチ入りメンバー。

中村憲剛選手、稲本選手がいませんでした。

というか、中盤がいなかったのが不思議。

大久保選手、今野選手が、中盤もできるから、というわけでしょうか。

今度は、オーストラリアとは、6月の3連戦の最後。

予選最後の試合です。

しかも敵地。

結構、シチュエーション的には不利。

その前に他のチームをたたいて予選突破を決めておきたいですね。

【先発】
GK18都築龍太浦和
DF15長友佑都F東京
DF4田中マルクス闘莉王浦和
DF2中澤佑二横浜FM
DF6内田篤人鹿島
MF7遠藤保仁G大阪
MF17長谷部誠ヴォルフスブルグ
MF8松井大輔サンテティエンヌ
MF10中村俊輔セルティック
FW11玉田圭司名古屋
FW9田中達也浦和

【控え】
GK1川島永嗣川崎F
DF3寺田周平川崎F
MF5今野泰幸F東京
MF14橋本英郎G大阪
FW13岡崎慎司清水
FW16大久保嘉人ヴォルフスブルグ
FW12巻誠一郎千葉

posted by とりこ at 22:05 | Comment(3) | TrackBack(2) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
リスクを犯したシュートを打つ気持ちが無かったと感じました。
遅行も必要だが、効果的でないと相手は怖くない。
そう思った次第です。
Posted by サッカーを愛して at 2009年02月11日 23:02
0−0で残念でしたね!
ホームだかろこそ勝って欲しかったですが!
松井に期待してたけど突破力なかったな・・。
次回のバーレーン戦で日本の進化が問われますね。
Posted by NO39 at 2009年02月12日 15:06
サッカーを愛してさん、NO39さん

コメントありがとうございます。

確かに少し、リスクを犯すような、強引な攻撃がほしかったかなあと思いました。

バーレーン戦、またホームですからね。

勝ち点3、今度こそですね。
Posted by とりこ at 2009年02月13日 05:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

またしてもささやかれる、決定力不足
Excerpt: 今日の試合を見て、日本代表の決定力不足がまたしてもささやかれ始めた。
Weblog: サッカーを愛して
Tracked: 2009-02-11 22:59

日本人はまじめすぎ
Excerpt: オーストラリアに勝てなかったよん。ピムの泣きっ面が拝みたかったのに。やはり、日本人の悪いめんが出た気がします。まじめすぎ。規律を重んじるのはいいけど。教科書どおりすぎだよ。少し、変わったことをして相手..
Weblog: 横浜F・マリノスを愛するジュンちゃんで〜す
Tracked: 2009-02-12 22:16