2009年03月11日

もちろん、もっともっと出来る

「もちろん、もっともっと出来る」

木村監督の開幕戦終了後のコメントです。

渡邉千真くんに対しての。

でも、私には、横浜F・マリノスの選手みんなに対してのコメントだと感じました。

前半に立て続けに失点してしまったときには、何か、みんな、闘志を完全に消失したような感じで足が止まってしまっているように感じました。

後半になって、坂田大輔くん、山瀬功治くんを投入してからは、いつもらしさが少しずつ出てきましたが。

でも、気になるのは、次のコメント。

「山瀬功と坂田もコンディションが悪いわけではなかったので、あの交代となった。」

最高に良いわけではなかったので、先発ではなかったという意味なのでしょうか?

この試合、小宮山くんもベンチ外でしたよね。

コンディションがいい選手を起用すること自体は、完成されたチームであれば、チーム内誰でも一定のレベルのことができるので、当然のことなんでしょうが。

「コンディション」とは、どういうことなのかしら。

どこが良くて、どこがイマイチなのか、素人には...


次の清水エスパルス戦、どういう布陣で臨むのでしょうか。


昨日、ACLで名古屋グランパスが勝ちました。

田中隼磨くん、相変わらず、バックパスが多いなあって感じました。

攻撃的な姿勢ではなく安全性を求める姿。

よく言えば、バランスをとっている感じ。

今のマリノスが目指す、サッカーとはかみ合わないんでしょうね。


そう思いつつ、さあ、マリノスが目指す形は?

そう、考えていました。


第2戦、清水エスパルス相手に、純粋にボールを追いかけ、楽しんでいるみんなの姿、それが見られることを信じています。
posted by とりこ at 08:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック