2009年07月14日

不信任・・・

国民のために、しっかりとした政策を考えてほしいと、誰もが考えてはいるのでしょうが、党の維持しか考えない政治家ばかりで、国民は愛想をついてきているのが現実なんでしょうね。

なになに党がどうだこうだ、ではなく、国民のために、限りあるお金をこう使います、って言う具体策を示してほしいものです。

一時的な人気取りのために、税金を場かまいて、ツケを後に回して、解散後は知りません、ではね。

さて、サッカーJリーグにも、クビ切りの流れが加速していますね。

大分トリニータのシャムスカ監督、柏レイソルの高橋監督。

どちらも、不信任をつけつけられた結果ですか。

サッカー界にはよくある出来事なんでしょうが。

首を切っても違約金を払わなければならず、新たな監督獲得にもお金がいる。

苦しい状況に追い討ちをかけるようなシステムですよね。

お金のない、横浜F・マリノスにとっても人事には感じられませんね。

マリノスは、ゴタゴタせず、「不信任」なんて言葉とは縁のない世界でいてほしいですね。

横浜F・マリノス
posted by とりこ at 22:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック