2009年11月05日

ゲームの流れを左右する戦術=セットプレー

福島ユナイテッドFCとの戦いでも、セットプレーが多かったです。

横浜F・マリノスの天皇杯でのセットプレー


でも、決め切れなかった。

それどころか、相手に決められちゃった。

中澤佑二さんも、相手に前に出られると、さすがに決められちゃう。

いいボールが配給され、受け手もいいポジションを取れれば決まるということなんでしょうか。

横浜F・マリノスも、昔はセットプレーでの特典が多かったはずです。

もっともっと得点できるように、戦術練習で磨きをかけていれば・・・。

タラ、レバ、は言ってもしょうがないでしょうが。

もう少し、成績も上向いて、木村監督の寿命も・・・



日本代表で、得点してきてください、ボンバー中澤佑二さん。

天皇杯4回戦は、中澤佑二さんは欠席ですね。

相手がフロンターレなら、川島選手、中村憲剛選手も。
posted by とりこ at 22:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント

なんですかね?特にボンバーヘッドが減ったのが気にかかる。
もしかして、年齢的な問題で走れなくなってくるのと同じ現象?(笑)
ボンバーヘッドが無いとゆうのは、走れなくなるのと同義だから(笑)バシバシ決めてほしいね。
なんでか?セットプレーのトレーニングは行わないんだから、キッカーと相談して良いボールを供給してもらって。

そういえば、次なる監督さんが決りましたねえ。これまた未知数な人ですが・・・。そのうち日本サッカーの殿堂入りも果たすだろうくらいの。
選手としては、素晴らしい実績を残していますね。プロ化以前の”前時代”の名選手。
個人的にも然したるサッカー好きではなかった少年時代から知っていて、その80年代半ばから当時の頂点であった天皇杯優勝を幾度も飾った
日産の黄金時代で最も印象に残っている人です。
素朴な疑問として、なんで今まで監督、コーチをされなかったのか?不思議でなりません。
失礼なんですが、監督としての資質が少し欠けていたから声がかからなかったのか?もしくは本人にやる気があまり無かったからか?が分からない。
何よりも”時期を逸してしまっている”んじゃないか?とも思うのですが・・・。(まあいつ監督業をやっても良いんですけど)

経験は無いですが、中盤の名選手でしたから”戦術眼”はきっと優れたものをもっているんでしょうね。
それが監督業にどれくらいフィードバックされるのか?もしかしたら監督よりコーチとして優れた資質を備えているかも知れないし?
個人的には、保険じゃないけどコーチとして呼ぶ人には、実践経験豊かな人にしてもらいたいなと?
恐らく、名古屋なんかもそうじゃないかな? 監督自体もカリスマ性があったり、シュート力含め(笑)優れているものもあるからかも知れないけど、
コーチがしっかり補佐しているからこそ、それなりに上手くいっているのでは?
ですので、そのポイントだけは外さずしっかり押さえておいてもらいたいものです。今回の二の舞に成らないよう。
監督と同じく重要である強化本部長も変わるみたいですが、ここは冒険せず(笑)クラブを良く知る人を任命したのは、少しホッとした。

それらを(最終的に)決めたのは社長代行さんみたいですね。
強いマリノスの復活を望み実行していくのは良いと思うのですが、今現在においては”短期的”なビジョンしか見えてこないんですよね。
仮にV字回復したとしても、回復するところがどうなのか?と。
ただ強くなりましただけでは、レアルみたく潤沢な資金がなければきっと地位を維持できないでしょう。花火のように飛び散るのみ。
バルサみたいなのが理想かも知れないけど、そう易々出来るものではない。
でも、日本有数のユースも抱えているんだし、まだ今のところある程度の予算もあるので、しっかりとしたビジョンを持ってクラブを構築していき
素晴らしいクラブにしていってほしいものです。
日本のトップクラブに成りうることも十分可能なものを持っているんですから。観客的には浦和には適わないかも知れないけど、それ以外の部分で。

それから、引っ掛かるところがあって、社長代行は親会社との関係を密接にしようとしている感じだけど、親会社は経済状況や経営的な問題で
なんか距離を置きたがっている風なのがなんとも。(名古屋のトヨタさんと好対照?)
将来的には、分離独立とまではいかなくても、共同経営みたいな形にしたいんですよね?日産としては。
その辺りで行き違いがあるのが気になるところです。
他にもプロ野球的な監督の登用など、なにか時代と逆行している感もあるんですよね。
マリノスはもはや、以前のような日産のサッカークラブとは違う風に成ってきていますので、その辺りの認識はしっかりしてもらい”ベストな判断”を
していってもらいたいなと思います。
そのベストな判断とは、ただ強くなる為だけではなく、「横浜Fマリノス」
とは一体なに?と問いかけた上で決めてもらいたいですね。

早い話、中長期的なビジョンもしっかり持ってもらいたいなと。
Posted by mm at 2009年11月07日 00:13
とはいっても、日本のプロスポーツクラブの宿命かも知れないけど、トップが変わると下も大きく変わっていってしまうのが致命的だよなあ。
それが歴史あっても、今ひとつ伝統を感じさせないところに繋がっているのかも知れない?
芯なり軸となる根幹の部分が太くなっていきませんから。
プロ野球の巨人なんかは良くも悪くも極めて日本的な企業スポーツクラブなんだけど、根幹はしっかりしていますよね。
その点(親会社の広告塔とゆう意味は除く)でいえば素晴らしいと思うけど、「時代」が変わってきていてその様な”前時代”的なものとは
違う風であったり、違う方向に進んでいってもらいたいですね。
分かり易くいえば、マリノスは「伝統と革新」みたいなものをクラブの根幹なり精神にしていってもらいたいなと。
今回の事象は取りあえずそうなんだと、前向きに捉えてみて期待してみたいと思います。
新しい監督さんの力量も未知数ですしね。マリノスのスタイルを作りあげてもらいたいものです。

今回の監督の人選がベストな選択かどうかは?時が進まなければ判らない事ですが、これが”日産時代の終焉”を告げる出来事だったのかも?
最近の世の中、これまでの常識なり日常とあった社会なり産業の多くが終えるなり変わるなりしている感もありますが、なにか時代的に
丁度”時代の変わり目”に居るのか知れませんね?
個人的にはそれはそれで”必然なり自然”なんだから仕方のないことと捉えていまして、マリノスも同じく「横浜Fマリノス」とゆう一プロクラブなり
一企業として生きていかなければいけないんでしょう?
でも、それはプロスポーツクラブとしては”本来の姿”だと思います。

少したとえが違うけど、”エコ”が叫ばれるようになって来てきたりしていて、世の中が自然との共生なり調和なりと人類の本来の姿に戻る方向に
進もうとしているのと同じように、マリノスも日産のサッカークラブではなく、原点ともいうべき一プロスポーツクラブとして地域や社会の役に立ちつつ
エコロジカルに生きていかなくては成らないと(笑)。
世界的な経済状況など含めて、時代的にもその様に変わりつつあるような気がしますし。
投資の対象みたいに出来るのは、もう一部の大金持ちだけでしょ?あとは道楽(笑)。

さて、次は大分とのリーグ戦ですね。
現監督さんに機会をもらって成長した選手が多数ですから、最後に一花咲かせてあげれば?
機会を多く与える監督さんと、そうじゃない監督さんもいて、たまたまとゆうか運良く機会を多く与える監督さんの時に
経験の少ない頃を過ごせたのは良かった面も多々あると思う。
なんだかんだいって実戦を経験していかなくては成長、進歩していかないから。
それと、次の監督さんへのアピールとゆう部分も少なからずあるかと。
(資金面もあり)メンバー的には大幅に変わらないと思うし、実際社長代行も今をベースにと言っているので。

ただ、レギュラーがどうなるのか?がある。新しい監督さんも早速構想を練っている事でしょうから。
眼鏡にかなうよう頑張っていってほしいね。今までも常時半分白紙的なところもあったけど(笑)、これからは白紙状態からだと思うし。
イロイロあったけど、残りゲームも来シーズンにちゃんと繋がっているとゆうこと。
もちろん、ACLに繋がるカップ戦も残っている。そろそろルーザーから脱却しないと。良いところまで来てコロッと負けたりしないで、(笑)。それじゃプチ川Oみたいじゃないか(笑)。
Posted by mm at 2009年11月07日 00:14
mmさん

いつもいつも、マリノス愛を感じさせられるコメントありがとうございます。

木村和司さん、何か、ハラハラドキドキ、不安と期待、いろんな気持ちです。

でも、横浜F・マリノスのサポーター、ファンみんなが思っていることは、横浜F・マリノスの選手たちの楽しくサッカーする姿が見たい、一緒に楽しい時間を過ごしたいというものなんでしょうね。

それを熱いハートで実践しようとしている木村和司さん、期待します。

一緒に、見守っていってください。

Posted by とりこ at 2009年11月07日 14:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック