2009年11月08日

マリノス、トリニータ相手にナビスコの苦戦イメージを払拭したい

あれは、ニッパツ三ツ沢球技場でのことでしたよね。

横浜F・マリノスと大分トリニータとの戦い。

先制していた横浜F・マリノスが逆転され、負けちゃうかと思いました。

途中出場の前田選手にやられまくって、びびっちゃいました。

予想外の展開、結末

ナビスコも落ちていくあ〜あ。でも、前向きに!

こういう試合にだけはしないでくださいね、今日の試合。

11月8日(日)2009 J1 第31節 横浜F・マリノス vs 大分トリニータ(18:30KICK OFF/日産スタジアム)


でも、正直言えば、少しだけ不安。

大分トリニータは、降格が決まって、ヤケノヤンパチ状態になるでしょうし、出場停止選手が二人もいて、もしかして若手が起用されて、活き活きやってくるかもしれないです。

福島ユナイテッドFCのように。

横浜F・マリノスvs福島ユナイテッドFC

横浜F・マリノスvs福島ユナイテッドFC

横浜F・マリノスの方も、こんな記事が・・・・

“木村和司新監督”に横浜イレブン動揺

選手にも説明していないって、本当なのかしら。

ただの一将兵だと思って、コマ使いされたら、選手だって、やる気なくなっちゃいますよね。

そんなことはないと信じたいです。



と、悪い方ばかり考えていてもしかたがないですね。

とにかく、今日は、横浜F・マリノスと大分トリニータ、双方が、サッカーファンを魅了するいい試合を見せてくれると信じています。

横浜F・マリノスのビッグフラッグ

このビッグフラッグに応えてくれるいいプレーを。
posted by とりこ at 09:28 | Comment(2) | TrackBack(1) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
なにやら、しょーもないゲームをやらかしてしまいましたね(苦笑)。
まあでも、この状況においてはある意味仕方のない事かも知れない。
この1週間のアレでチームメンタリティみたいなものが落ちてしまった感じ。
最近勢いづきつつある状態だっただけに残念。

今のチーム(昨年もだけど)は”勢いで機能している”といっても過言ではないので。
なんかブームが去った一発屋を観ている風だった。
なにをやっても上手く行かなかったり空回りしているみたいな。
だから今回あった出来事は仕方のない事だと。
修正とゆうものでどうにか成る問題ではないので。
少しばかりの事ではないと。
”勢い”と個人能力が原動力と成り機能していた。

肝心かなめの”勢い”が削がれてしまったけど、あくまで一時的なものであって、カップ戦に響かなければ良いけど。
もひとつのカップ戦の時も、直前にしょーもないゲームがそれなりの要因と成って敗退してしまったところもあったと思うので。
ここは”チームとして”どうなのか?が問われている。
チームの技が無いのなら、気持ちでいくほかない(笑)。その辺りベテラン選手である主力選手に期待したいですが。
今日のゲームも降格が決っている”格下”相手だったから、その影響力を発揮したんだろうから?(苦笑)
一般生活上で人として強者に強く、弱者に弱いのは良いと思うけど、ゲームは”勝負事”なんだから奮起してもらいたいね。

初めから力が無いのならば、諦めとゆうのかこの程度なんだなと思えるんだけど、なまじっか力を持っているもんだからタチが悪い(笑)。
だから、もどかしいし、歯がゆい。
それは張本人である選手たちもそうだろうし?応援している人たちなど周りも同様でしょう。
ま、来シーズンはマジで期待したいものです。
残りのシーズンも、ムダにしないでほしいね。

今日のゲームで、9番が個人能力で得点を挙げて新人記録を作りましたねえ。
今のチームを最も象徴しているのは9番かも知れない?(苦笑)
しかし、新人ながらトップレベルに近いところで活躍したのは凄いこと。
才能とゆうべき能力の高さが備わっていたと。モチロン努力も重ねていたと思うけど、それだけで簡単に活躍できるものではない(逆も然りだけど)。
代表監督さんには、得点能力もポテンシャルも高い”将来性あるFW”としてW杯に連れていって良い経験をさせてほしいものですけど。
中盤の若手有望株はいっぱい居て実際選んでいますけど、FWはまだ少ないかと?
9番も来シーズン序盤から活躍して、寸前でも代表に選ばれれば良いね。どちみち来シーズン”真価”が問われるけど。

あと、14番も復調して良い感じに成っている。なんで交代したのか?判りませんが。
状況に応じて交代していると思うんだけど、代える選手自体はほぼセットでとか何か状況にあまり関係なく決っているみたいなのが、なんとも。
14番は得点能力はチト低いかも知れないけど、チャンスメークが出来るし、ゲームメイクやリズムをもたらす事も少しは出来る(今のところ)から得点が必要ならば最後まで起用してほしかったなあ。

あとGKも今は代える必要性は無かったと思いますけど。以前のような感じに戻りつつあったし。
21番は有望株だけど、ブランクがあってまだ今一つな感じを受ける。ゲームに出なければ戻らないのも確かだけど。
積極性とゆうのかアグレッシブさがもう少し戻ればと。モチロン暴れないで(笑)。

大分は守備は良かったですが普通にサッカーをしていて、マリノスはチームメンタリティが落ちた状態かつ、サッカーそのものも出来ていなかった感じのゲームだったなと。
イロイロな意味で寒いゲーム。
次は"ホットなゲーム"を期待したいものです。”今シーズンの最後の大きな勝負”と成りうるゲームだしね。
どうゆうゲームに成るのか?大きな要因でありチームメンタリティの回復しだいかな?
そろそろ冬支度をしなくていけない頃ですが、もう少し秋を延ばしてもらって、実りの秋としてもらいたいものです(^^)。
Posted by mm at 2009年11月08日 23:15
mmさん

おはようございます。

コメントありがとうございます。

少し、昨日のゲームは疲れました。

みんな、楽しくサッカーをやっていないように見えて。

監督問題でああいうふうになちゃったのかなあ。

精神力、難しいですね。
Posted by とりこ at 2009年11月09日 06:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

功治、今日こそ
Excerpt: 最近、怪我と木村幸吉監督の移行で試合に出る場面が減ってしまっている横浜F・マリノスの山瀬功治選手。 今日こそ、試合に出ることを願ってます。 出れば、活躍してくれること間違いなしなので。 ..
Weblog: マリノス応援団
Tracked: 2009-11-08 13:50