2010年02月22日

エスパニョールの作戦・・・・

勝手な勘繰りかもしれませんが・・・

エスパニョールの中村俊輔が、後半42分から久しぶりに試合に出場した見たいです。

これって、エスパニョールの作戦かもしれないなあ。

エスパニョールとしては、中村俊輔を要らないといっているわけじゃないよ!

必要な選手と考えているんだよ!

日本のクラブ(=横浜F・マリノス)が、中村俊輔を必要としているとしても、それは、エスパニョールも同じなんだよ!

横浜F・マリノスが必要なら、それなりのものを用意しなさいね!

そんなトーンをかもし出すため。

考えすぎかなあ〜。

去年の失敗があるから、いろいろと、悪いほうに考えが言っちゃうよ。



それにしても、タイミングがなあ。


3月3日に、日本代表の強化試合。

3月6日に、Jリーグ開幕。


何か、タイミング的に、どうなの?って、思っちゃう。


日本代表の援助のための横浜F・マリノスにはなってほしくないし。

そんなことなら、他の選手たちだって、面白くないだろうし。

今まで、キャンプでも一生懸命、横浜F・マリノスのサッカーを見せてくれるために必死になってやってきているわけだし・・・

年棒1億4千万円 × 3年 + 移籍金1億5千万円 = 5億7千万円

この金額、海外では、それなりの金額なんでしょうが、Jリーグでは・・・


中澤佑二さん、松田直樹さん、山瀬功治くん・・・・


みんな、心の中はどうなんだろう。


横浜F・マリノスのみんながひとつになって、笑顔でサッカーを楽しむ姿、それが観られるんだったらいいのだけれど・・・

横浜F・マリノス
posted by とりこ at 09:35 | Comment(5) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
万感の思いでイタリアに送り出した身としては、あの当時「苦しくなったらいつでも帰ってこい。俺らはいつでも味方だ。」と叫んだ思いを今発揮せねばならないと思ってます。
Posted by だるっち☆☆☆ at 2010年02月22日 10:36
僕が(他の)選手なら、いい気はしません。自分たちにはお金が出せないのに、F・マリノスをなめてるエスパニョールや代理人、そして俊輔に対してそこまでの対応をする球団に対してがんばろうって気にはならないです。
今年は優勝を期待していましたが、開幕を前にしてチームはプチ崩壊の予感です。
Posted by ベイ at 2010年02月22日 10:44
「日産はそんな懐の狭い企業ではない」この言葉をサポーターにも当てはめるべきではないでしょうか? 
 フロントに要求するのは、俊輔を客寄せパンダにだけはしないでほしいということ。
 俊輔には、シーズン通したハイパフォーマンスで、チームを引っ張ってほしいです。
 マツは俊輔が来てくれればチームのためになると思っているので、マツ好きの自分としては、俊輔肯定派です。
Posted by マリノスケンタロウ at 2010年02月22日 14:16
これが限度という額を提示したのだから、エスパニョールの意図はともかく、横浜側がこれ以上金額を積むことはないと思います。
金額が高すぎるというのも分からないではないですが、回収のことも考えに入れて条件は提示しているはずなので、問題はないと思います。選手達にしても、現状のメンバーで優勝争いは厳しいという認識はあるはずですし、狩野にいたってはわざわざスペインにまで俊輔に会いに行くほどですから、今のところは問題ないと思います。
ただ、チームでのパフォーマンスがあがらないようだと不協和音は当然出てくるとは思いますが・・・。
俊輔を客寄せパンダにするなという人もいますが、プロである以上、そしてチームの現状をも踏まえれば、彼が広告塔としての役割を果たすのは当然だと自分は思います。それこそ誰にでもできることではないのですから。
Posted by まっぴぃ at 2010年02月22日 19:46
だるっち☆☆☆さん、ベイさん、マリノスケンタロウさん、まっぴぃさん

皆さん、コメントありがとうございます。

御礼が遅くなってしまいすみません。

皆さん、いろんな意見がありますが、共通しているところもありますよね。

横浜F・マリノスを愛しているという点。

今年の開幕ももうすぐですが、一緒に横浜F・マリノスを盛り上げて生きましょう。

これからも、よろしくお願いします。
Posted by とりこ at 2010年02月25日 00:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック