2010年04月01日

栗原勇蔵くんの最大の敵

横浜F・マリノスの栗原勇蔵くんの最大の敵。

それは、何と、同じ横浜F・マリノスの中澤佑二さん。

昨日も、決勝点は、コーナーキックからの高い打点のヘディング。

決めたのは、ボンバー、中澤佑二さんでしたね。

去年までとはうって変わって、苦しいときでも、セットプレーからの得点が効果的な決勝点となります。

相手も、中澤佑二さん、栗原勇蔵くんと二つも富士山のような大きな山があると、どうしてよいものか悩んでしまうんでしょうね。

その大きな富士山にあわせているのは、やっぱり、中村俊輔くん。

狩野健太くんもいいキックをするときがあるんだけど、確率的な問題があるんでしょうね。

それにしても、モンテディオ山形相手に、楽勝とは行かないですね。

クナン、最初からやりたかったでしょうね。

横浜F・マリノス vs モンテディオ山形 1−0。
posted by とりこ at 05:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック