2010年05月09日

フィンケと和司、そして、岡田武史

監督にもいろいろあるよね。

浦和レッズの監督のフィンケ監督は、試合終了後のコメントで、選手のミスに対して不満めいたことを言っていたようですね。

日本という国、国民性に対しても。

「日本では、ある選手について批判的なことを言うことができない」

「この国には違うメンタリティが存在している」

横浜F・マリノスの木村監督のまだまだ新人監督だけど、選手たちの気持ちはわかっていると思うんだよね。

そして、サッカー日本代表の岡田武史監督も。

大和魂って、言葉は、フィンケ監督にはわからないんだろうなあ。

普通は気の優しい、気の小さな人間でも、火事場の馬鹿力だってあるんだよ。

人間はミスをするものだけど。

明日、午後2時。

岡田監督の口から出る言葉、選手たちの名前には、・・・・

果報は寝て待て。

そういう心境の選手たちの気持ちも、わかる人にはわかるよね。

栗原勇蔵、山瀬功治、中澤佑二
posted by とりこ at 21:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック