2010年10月03日

ゲームメーカー不在・・・まじめすぎ?

今日の試合を見て、危機感が増しました。

横浜F・マリノスは、中村俊輔くんが怪我したらどうなるんだろう。

横浜F・マリノスは、中村俊輔くんにびったりマーカーがついたらどうするんだろう。

ゲームメイクできる選手が本当に俊輔くんしかいない気がしちゃいました。

ジュビロ磐田 vs 横浜F・マリノス 0−0。

スコアレスドローとは、さびしいなあ。

どうせ引き分けになるんなら、お互いにもっと点の取り合いになった方が。

ジュビロ磐田は幻のゴールがいっぱいあったけど。

少しレフリーに救われたかなあ。

ゴール前に力が入りすぎちゃうまじめな面、どうにかならないかなあ。

日本人らしいと言えばらしいのだけど。

パスも、来たらとめて、さあ次へ!

また、来たから、さあ止めて、次へ・・・・

リズムが単調。

きっと練習した通りなんでしょうね。

中村俊輔くんみたいなアイデアは、なかなか出ないかなあ。

みんな突拍子も無いことができないんだろうなあ、まじめだから。

栗原勇蔵くん、日本代表合宿でまた新たな気持ちになって帰ってきてね。

「神様、天皇杯はもっとみんな頑張るので、よろしくお願いします。」

日産スタジアムのポストにそうお手紙を出しておきました、この前。

日産スタジアムのポスト
posted by とりこ at 18:07 | Comment(2) | TrackBack(1) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
いかにもマリノスといえるような普通のゲームでしたね(苦笑)。
まあ、これがマリノスの本当かどうかは判らないけど普段の力なんでしょう。
マリノスの調子が下降気味とはいえ、相手はミッドウィークにゲームをして疲弊いたんですが、引き分けとはいえ負けゲームの様な感じでした。
数年前の連覇などで、強いみたいなイメージもまだ残っていると思うけど、そろそろ過大評価は止めておいたほうが良いでしょう。
また、オーガナイズされた守備をするチームに弱いのみならず、オーガナイズされた攻撃をするようなチームにも弱い。広島や鹿島など。
それから、仮にまじめならば格下やコンディションの悪い相手でも、上位チームとのゲーム同様の安定した戦いは出来るはず。

メンタルの課題も、組織と個人戦術的な課題、それから得点能力とゆうか才能、攻撃的な能力も高いボランチの不在など、問題点はたくさんある。
ポゼッション出来ると思うかも知れないけど、ただボールを持たされて回しているにすぎず。相手が守備的であればあるほど。
回すにしてもほぼ足元だけだし、絶妙な連係とゆうものも25番が絡まなければない。
ポゼッションするようなチームに必須な、連動性や流動性を伴った効果的な攻撃が滅多にありません(苦笑)。
まあ、戦術的なものがあってないようなものみたいで、基盤自体が薄いからとゆうのが大きいと思いますけどね。
”一体何をやりたいのか?”とゆうものがチームとして”共有”されていないと。
もちろん、頑張れないとゆうか効果的に走る(考えて走る)ことが出来ていない、機転を利かせることやアイディアなど個人戦術が足りない、とゆうのも大きい。

トレーニングからしっかりやらなければ成らないとゆうのはその通りだけど、当然のことでもある。
今まで(とゆうかここ数年)ハードのみならず効果的なトレーニングを行っていないとゆうのも、間違えなく繋がっていると思う。
トレーニングの為のトレーニングじゃなくて、”実戦”に必要なトレーニング。
それは、自分たちのサッカー(スタイル)の為や、対戦相手の為や、個人のスキルアップの為に行うものだけど、そこでの”質”が一体どうなのか?と(それ相応の量もだけど)。
実戦で実行できるような”(プレッシャー含めた)負荷”がかかっている質のトレーニングを。
マリノスは立派な施設などもあり環境的には恵まれているんだけど、肝心の中身が伴っていないように感じます。

量もだけど、どちらかというと、ただの調整みたいなものではなく、全力で行う質の高いトレーニング環境を構築するべきだと思います。
コンディションなど状況によって多少の変化はあるだろうけど、”常に実戦を想定した”中身の濃い充実したトレーニング環境が必要だと。
ただ、それを構築するのは簡単ではなく、選手同様にそれ相応のレベルに達している人でなければ・・・。
メニューだって、マンネリ化しては効果が上がらないだろうし、なにより実戦で活用できるようなものでなければならない。
現在やっていないとは言わないけど、足りないのは確かだと思います。 チームや個々の選手の頑張りを観ただけでも。
トレーニングがゲームで表現されていないとゆうワケではないと。

ともかく、メンタル面のみならず、実戦的なしっかりとしたトレーニングも重ねなくては改善はできない。
補強もなく劇的変化を望めないから、取りあえず数年前の不調だった時期に行った青空ミーティング(笑)みたく、チームのミーティングを行っても?
もっと共通理解や意志統一を深めゲームに反映させて。戦術的な基盤が薄いんだからよけい必要でしょう。
個人はもとより組織としてもモロい。守備だって堅いと思われつつ、実際は危険水域に入っている。
今までもその傾向はあったけど、今回のゲームで特に現れている。
”攻守”に渡って、チーム、個人として”共有”するべきものを増やしてほしいものです。

昨年より今年は幾らかマシといっても、基準値が低すぎる。
まがりなりにも、トップレベルのクラブにどうにか引っ掛かっているだから(苦笑)。
選手たちも、ごくごく普通のサラリーマンのような安月給で働いているワケではない。
もしかしたらクラブの環境自体が他のプロクラブのような向上心があるとゆうのではなく、社会人時代の延長のようなものなのかな?悪い意味でルーティンワーク的な。
そうゆうのも波及しているのかも知れませんが?一応普通の一般業種じゃありませんからね。
この先、クラブの”変革”は避けられない事だと思いますよ。
(昨今の経済情勢含めて)このままでは万年中位で済むくらいでは済まないような気もするし。
弱体化が進むと、かつてのライバルである緑のクラブと同じ道を辿ることに成るはず。
”日産FC”にヘンに拘っていると余計に。
Posted by toricolore at 2010年10月04日 01:17
toricoloreさん

いつものようにコメントありがとうございます。

横浜F・マリノスの変革って、どうすれば起こせるんでしょうね。

なかなか、変わらないなあって気がしてならないんです、ここ数年。

中村俊輔くんが入ってパスは通るようになったけれど、相手に怖さを与えるまでのチームにはなっていないですよね。

難しいなあ。
Posted by とりこ at 2010年10月04日 23:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

マリノス引き分け
Excerpt: 得点できなければ、勝てない。 失点しなければ、負けない。 それだけのこと。...
Weblog: トッポのブログ
Tracked: 2010-10-03 18:28