2010年11月20日

セレッソ大阪 vs 横浜F・マリノス

11月20日(土) 2010 J1 第31節 セレッソ大阪 vs 横浜F・マリノス(17:00KICK OFF/キンチョウスタジアム)

横浜F・マリノスの守備陣形、こう来ましたか。

センターバックはベテランコンビですね。

サイドバック、久しぶりに藤田優人さんですね。

天野くんも活躍して欲しいですね。

渡邊千真くん、ベンチ入りしましたね。

天皇杯んときよりも時間があるといいですね。

さあ、目標はもう一つだけ。

ACL!!!

横浜F・マリノス

横浜F・マリノス
【先発】
GK21飯倉大樹
DF2藤田優人
DF32波戸康広
DF3松田直樹
DF5田中裕介
MF18清水範久
MF30小椋祥平
MF7兵藤慎剛
MF25中村俊輔
MF10山瀬功治
FW37端戸仁

【控え】
GK31秋元陽太
DF35天野貴史
MF26松本怜
MF8長谷川アーリアジャスール
MF6河合竜二
FW40小野裕
FW9渡邊千真

セレッソ大阪
【先発】
GK21キムジンヒョン
DF17酒本憲幸
DF3茂庭照幸
DF22上本大海
DF28丸橋祐介
MF6アマラウ
MF10マルチネス
MF7乾貴士
MF13清武弘嗣
MF14家長昭博
FW9アドリアーノ

【控え】
GK1松井謙弥
DF4藤本康太
MF2羽田憲司
MF19石神直哉
FW11播戸竜二
FW15小松塁
FW29永井龍

posted by とりこ at 17:00 | Comment(2) | TrackBack(3) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
このゲームのみで判断できる問題じゃない。
マリノスは完全に流れが悪い状態に入ったかなと。
悪循環で得点も入らなくなってきている。元々低いのに。
この起点は続投決定からですか?(苦笑)
直接の要因は代表DF二人がいなくなったことで、それが全てに影響を及ぼした。
協会には保障を求めます(笑)。
守備の選手って表だってあまり目立つものではないから判りずらいんですが、どんだけこのチームには重要だったのか?を改めて認識しました。
マリノスは組織的な守備を構築できていませんからね。まあ攻撃も同様なんですが(苦笑)。
監督が目指しているのは”80年代的アドリブサッカー”なんでしょうか?
同じ日産FC出身の前監督も同じ傾向でしたけど。
選手が欠けた影響が最も大きいのは確か。しかし欠けてハッキリしてきたとも言える(苦笑)。

どーしようも出来ないような悪い状態なので、やることはやって後は耐え忍ぶほかないですが、残りゲームはもうわずか。
う〜ん、このままフィニッシュしてしまうのかな?良くて最終戦のホームゲームでやっとこさ勝つぐらいか?(笑)
調子悪い上に連戦なので、思い切って先発で若手を起用していくのも手。
特に守備の選手は攻撃の選手より経験がなにより必要ですから、我慢して起用することも必要でしょう。
経験の少ない攻撃の選手が求められている仕事をこなせなくても、得点の可能性が減るだけでなんとかなりますけど(笑)、守備の選手は負けに直結しますから。
特にCBは今まで安泰と言われていたけど、選手の個人能力におんぶに抱っこすぎたので、後継者が育たなくなってしまった。
マリノスはこれで補修すべきところが全体に渡り一気に噴出してきた感がある。もちろん監督込みです(笑)。
チーム編成、スタイル及び組織作りなど、継続とゆうよりも手直しが求めれていると思います。
社長さんが最終的には決めたことなんでしょうけどね。
トップの判断や決断って至極重要なんだなと、これまた改めて認識しました(苦笑)。

さて、次はホームで浦和戦ですか。
今回の相手は直前の天皇杯で同じく負けましたが、J2から上がってきただけあってへこたれないし、ACLも愚直に目指している。
マリノスが悪い状態以外で、そうゆうのも影響あったかな?と思います。
選手のクオリティもマリノスに劣らないですしね。ブラジルの選手3人に、元代表や予備軍もたくさん。
ここに現在ドイツで活躍している選手がまだ残っていたら、まさに優勝争いに食い込めるような陣容。
自分たちに問題がある上に、そんな相手でもあったので、負けて然るべきだったのかも知れません。可能性的にいえば大だったと。
次の浦和はどうだろう?
向こうも監督が変わるらしいので、悪い状態に傾いていそうですね。ACL出場権はとっくにないし。
悪い者同士の対決だから、寒ーいゲームに成るのかな?(笑)
こうゆう相手に負けたり、しょーもないゲームに果たしてなるのか?組織力でも負けてしまいそうだし。
マリノスの状態、相手の状態。悪い意味で見当がつかないゲーム(苦笑)。
応援するほうも難しいゲームだな(苦笑)。
Posted by toricolore at 2010年11月20日 22:59
toricoloreさん

コメントありがとうございました。

昨日の試合で私も痛感しました。

守備の重要性。

遅すぎたのかなあ。感じるのが。
Posted by とりこ at 2010年11月21日 09:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

これが、マリノスの実力か
Excerpt: 乾貴士は、しっかり成長していることがわかった。そんな試合だった。まだ、マリノスにはACLの3文字は似合わない。
Weblog: 闘志横浜F・マリノス
Tracked: 2010-11-20 19:28

メンタルで強くなければ、プロでは生きていけない
Excerpt: 横浜F・マリノスは、セレッソ大阪に惨敗した。 木村和司監督は、気持ちの問題と言った。 素人か、横浜F・マリノスは。 メンタル的に強くなければ、プロでは生き残ってはいけないはずだが。
Weblog: インターネットのアクセスアップについて
Tracked: 2010-11-20 23:08

田中隼磨選手は報われたんですね
Excerpt: 横浜F・マリノスから追い出されるように名古屋グランパスへ移籍した田中隼磨選手でしたが、報われましたね。   横浜F・マリノスの選手たちって、外に出ると活躍している気がする。 ..
Weblog: まほのお気軽日記
Tracked: 2010-11-21 09:04