2010年11月21日

セレッソ大阪戦で横浜F・マリノスに感じたこと

昨日のセレッソ大阪との試合、疲れました。

セレッソ大阪 vs 横浜F・マリノス 2−0。

昨日の試合を見て感じたこと。

横浜F・マリノスにとって、レギュラーのセンターバックがいるかいないかで、チームの形が完全に変わること。

中村俊輔選手を最前線に持って行っても、パスの出してが無くなって、意味が無いなあ。

右サイドの藤田優人選手、以前も相手のプレッシャーに負けた試合があったような気がしますが、昨日も・・・

天野貴史くんの出番がありそうな気がしたんですが・・・

渡邊千真くんがやっぱりチームでは一番シュートが上手い。

フォワードの選手たち、俺が俺が・・・って気持ちは伝わるんですが、シュートが枠を捉えられていない!!

だったら、周りの選手を使うってこともあるんでしょうが、そこはフォワードだからしょうがないかなあ。

ジレンマ・・・


飯倉大樹くん、まさに、ジャンピング・キーパー!

飯倉大樹

立ち上がりが早い!!

相手に攻めまくられても起きる起きる跳ね返す!!

飯倉くんがいなかったら、完全に崩壊していました。


先進にも少し温情を貰っていたかなあ。


選手層の薄さ?

夢がないこと言わないでほしいなあ、木村和司監督。


わしが何とかしちゃる!


だったはずです。

posted by とりこ at 09:25 | Comment(1) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
取りあえずマリノスには胃腸薬が必要です(笑)。
ただ何とかしちゃるって言ったり思っても、実際に何かをしないと何も起こらない。当然の事なんだけど。
一応やっているんでしょうけど効果はほとんど現れてません。
強いていえばシュートの意識や攻撃の意識が今までより強くなったとゆうことかな。雑にですが。
それも25番頼みでしかない。居なくなると今回CBが抜けたのと同じで機能性が激減する。
25番は誰しもが認める選手だけれども、W杯前の代表みたく良くも悪くも横パスが多用され攻撃のテンポが遅くなり停滞する傾向もある。
この選手プラス縦も活かせたり散らせたりできる起点となる選手が必要じゃないかな? 特に攻撃の能力もセンスも高いボランチとポストのCFが必要。
その辺り30番も頑張っていますが持ち味はあくまでも守備なので、相方にそうゆう選手が必要。今回対戦した相手の10番なんかは理想かな。
25番の趣味趣向みたいなのが強く現れて停滞するとゆうことです。ポゼッションとゆうと響きは良いですが(笑)。
ま、加入する前から同様だったんですけどそこは差ほど改善されていないかなと。もちろん総体的にいえば格段に攻撃力が上がったのも確か。
決して万能ではなく、良し悪しがあると。悪い部分は他で補ってもらい修正してもらいたいなと。

守備については、もはや言わずもがなですけど(苦笑)、昔は誰しもが認め脅威抱きこれがストロングポイントだと誇ったものが、ここ何年かの方向性で形骸化してしまった。
そうゆう状態ところに更に攻撃偏重なやり方でしたから、いつ崩れてもおかしくなかったんじゃないのかな?
バランス性が重要だったのかも知れませんね。今の代表と同じで、やはりサッカーは攻守一体じゃないと厳しい。
それは在籍する選手やレベルによってまた少し違ってくるけど、マリノスはそれが可能だしそうゆうレベルにあると。
クラブとしての問題と現場の問題の両方なので、しっかり検討して解決していくしかないんだけど、来年も同じ?(苦笑)

そういえば昨日のゲームはGKが頑張って失点を食い止めていましたね。
ただそれ以外では判断の問題があったような感じも受けましたが。
まだ若いんで、これから更に伸びていくことでしょう。

チャンスが巡ってきた2番も、まだJ1に適応できていないかも知れないので、レベルアップに励んでほしいなと。
同じJ2から上がってきた30番も始めは似たようなもんだったから、もう少し時間が必要かもね。
35番はウイングじゃないんだから(笑)守備のレベルを図ってもらいたいものです。

FWはもちろん代表と同じく決定力の課題を抱えていますが、コンビネーションや組織力やアイディアの問題もありますよね。
個人とチーム、両方の問題といえるのでは? 他もそうですけど(苦笑)。
9番はそろそろやってくれないとシーズンも終わっちゃいますわな(笑)。
もしかして、トレーニング以上に本番のほうで真価を発揮するタイプなんじゃないかな?(笑)。
あまり状態が悪いのは別だけど、多少悪そうに見えても大丈夫なのかもしれない?
とはいえ機会も巡ってこないとプレーできない。また途中出場より先発タイプでしょう。

さて次の浦和とのゲーム。
相手はまだ天皇杯が残っているとはいえ、次はシーズン後に間が空いての1か月後だから、そこのモチベーションはまだそんなに高くないでしょう。
それ以上にチームに激震が走っている状況。
マリノスも別の意味で、いつの間にかに激震が走っていましたが(苦笑)。
双方とも、リーグ戦に対してのモチベーションってもうあんまり無いでしょうね?ホームゲームの時にかろうじて上がる程度か?
シーズン終盤の連戦で体力的に消耗しきっている上に、テンションも低いようなゲームに成りそうな感じ。
連戦疲れもあるんで、ところどころで経験の少ない若手を起用しても良いと思う。
ゲームが壊れないようにバランスを取れないといけないけど。
チーム、組織力が乏しいから難題ではあるんですが。
まあ、メンバーは結局コンディション次第になるのかな?
相手はどうなんだろう?いわゆるベストメンバーは崩さないのかな?
一体どんなゲームに成るのか?見当がつきませんが、応援する側もルーティーンでスタジアムに駆け付けているような状態で、モチベーションやテンションも上がらないゲームになるのは必至でしょうか?(笑)
Posted by toricolore at 2010年11月21日 13:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック