2010年12月04日

木村和司監督+嘉悦社長 < 松田直樹

試合の結果は、相性の悪さのままでした。

試合後は、やはり、異様な雰囲気で終わりました。

木村和司監督の挨拶も、嘉悦社長の挨拶も、松田直樹コールにかき消され。

試合開始前もそうでしたが、木村和司監督には、サポーターから容赦無い大きなブーイングの嵐。

選手だけが単年契約で、監督が複数年というのは良くないと言ってましたよね、木村和司監督。

結果については監督も責任を取るという趣旨の発言をしていましたよね、木村和司監督。

挨拶の最中に、コールしっぱなしというのもどうかとも思いましたが、心のこもらない上っ面だけの言葉には心を打たれませんでした。

それよりも、松田直樹という一選手の素直な飾り気のない言葉の方が胸にジーンと来ました。

サッカーが好き。

サッカーを続けさせてほしい。


それだけでいいじゃない。

松田直樹

松田直樹

松田直樹さん、お疲れ様。





社長も、サポーターも、他の選手達にも、もっと、気持ちを込めてくれたらよかったかなあ。

山瀬功治くん、前半で引っ込められちゃって、最後まで、なんとなく・・・という気持ちだったかもしれませんね。

サカティ、坂田大輔くん、一時期気持ちが傾いたヴィッセル神戸の残留が奇しくも今日決まりましたね。どうしますか?

河合竜二さん、気迫のこもったプレーありがとうございました。

ジロー、清水範久さん、いつも人一倍ボールや相手に体を寄せる押さえどころはすごかったです。シュートがもっと上手ければスターまちがいなしでしたね。でも、それもお愛嬌だったかなあ。

浦田くん、まだまだ、あなたには未来があるはずです。前を向いてこの3年間の経験をこれから長い人生の肥やしにしてください。

梅井くん、背高のっぽのプレーをピッチで見たかったなあ。

斉藤陽介くん、帰ってきて欲しかったけれど・・・あなたのがむしゃらなプレー好きでした。

みんな、ありがとう!
posted by とりこ at 23:15 | Comment(4) | TrackBack(1) | 横浜F・マリノス |
にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | ブログランキング | | | とれまが人気ブログランキング | ブログ王 | | |

この記事へのコメント
ま、仕方ないんじゃないですか。
ゲームは結局いわゆる花相撲ってやつに成ったかな?
だってクラブの配慮があまりにも欠けていたんだから、影響しないはずがない。サポートする側の問題もあったけど。
社長と監督の挨拶のときのことについては、それを如実に反映したんだと。
だけど、わざわざ挨拶のスピーチ文をヴィジョンに映しださなくても(苦笑)。
そうゆうのがいかにも嘘っぽいんだってゆうのが判んないのかな?ハートが無いようにしか感じられない。
来シーズンACL出場権を逃したら辞めるって言ってましたが、責任の取り方としては疑問ですよ。
失敗して本人が居なくなったとしてもクラブは残っているんですからね。
博打を打ったすえに、可能性の高い監督解任なり補強が失敗し、荒野と化したまま放りなげられても困る。
やる気があるのは認めるし、経営手腕もあるんでしょうし、もともとのサッカー好きとゆう点は良いかなと。

ただ、間違っているんじゃないの?ってゆうやり方だけは認められない。
今回の3番や連覇に貢献した功労者たちの処遇なり扱い方の問題や監督の問題などは。
やるべき事はクラブのあまりよろしくないような体質を改善をしていくことなんじゃないかな?
モチロン結果を残すことが重要なんですが、これも同じくらい重要。
サポートする側の視点とゆうのを強くもってほしいなと願うばかり。
車を作り売って、ハイ終わりってゆうものではないんですから。

個人的な意見でゆうと、ぐちゃぐちゃにして簡単に辞めるんじゃなくて、”やる気の修正”が必要。
なんでも責任を取る形で辞めて済んでしまうから、過ちを繰り返すのかな?とも思うので。
取りあえず、監督を解任して、残すべく選手は残すとゆう決断してもらいたいなと。
これをすると確かに大問題なんですが、良い方向に進むし、結果としても成功すると思う。
ありえないくらい困難な話でしょうがね・・・。
日産FCのOBを大事にすることは必要ですが、あまりに頼ったり、意見を反映させるのは問題かなと思います。
もう20年ほど前に切り替わって時間も経ち時代も変わったんですから。
例えるなら、日産OBはプロ野球の巨人の川上さんとかONと同じなんじゃないかな?
何かクラブにかかわるのならば名誉職で十分。
アドバイザ―みたいな風なら良いけど、あくまで意見を参考にする程度で。

マリノスはまだ実業団時代の影響がまだ色濃く残りすぎかな?と。
実業団時代のクラブの在り方に近いものが続いているように見える。
Jリーグは無論、プロ野球も変わってきている状況。
もはや時代が変わったとゆうか進歩しているんですから。
このクラブも、その辺りは少しづつ切り替わっていってほしいものです。
もちろん、その時代も否定することなく、伝統として大切しつつ。
まずは泣いて馬蜀を切るように急転直下で監督を解任し、前代表監督あたりを連れてくることこそ血の入れ換えだと思う。
今シーズン何か良さげに見えたのはきっと幻(笑)。
そしてOBだけを重用するのはもう止めて、他からもっと有能な人材を集めないと。フロント然り。
Posted by toricolore at 2010年12月05日 04:07
で、ゲームのことなんですが(笑)。
結果や内容が良ければ幸いでしたが、花相撲ならばね(笑)。
このゲームだけは監督の手腕を問わない(笑)。去る選手をきちんと出したし、そもそもチームとして根本的に良くないんだから(苦笑)。
それにサポートする側の影響も否定できないので。
今回の主役である去りゆく選手についてですけど、やはりとゆうか動きが鈍かったりプレーの質が下がっていた選手が多かったなと。
花興業だから(笑)どうこう問うつもりは無いんですが。
それから、出場機会の無かった若手選手たち。
今までも無かったけど、どんな場所に移っても頑張ってほしいなと。
まだ青二才みたいなもんだから、ヘンなプライドは持っていないでしょうし、持たないほうが良い。
当面は身の丈に合った場所でゲームに出場することがベストな選択だと思うけど、実戦経験を積んで成長していってもらいたいね。

出場した選手ではまずは11番。ユース上がりで根強い人気があるねえ。
ほとんどゲームに出場していないので全くフィットしていなかったのは当たり前。最後のプレー姿を見せることが出来ただけでも。
特長を活かしてもらえるところに移り、新しい環境で心機一転頑張ってほしいなと。
6番は、低迷期のチーム(今もだけど)を支えてきて、連覇のときも良いところで活躍しましたよね。
マリノスで1人前のプロ選手として成長できたんですから、悔いはそんなに無いでしょう?
オフにコンディションをしっかり整え、新たな環境でまた頑張ってほしいですね。
18番はこのゲームで出場している選手の中でも良い出来だったんじゃないかな?
安定して発揮できるような力はまだまだあると思うので、もったいないかなと?
新たな環境でも、影に地味に”らしく”名わき役として貢献し頑張ってほしいなと。
10番は、年齢的にいっても今回の中では最も若いんだから(笑)まだ活躍できるはず。
対戦したときは、ゴールは決めなくていいから、思い切りちゃぶって鍛えてあげてほしいね(笑)。できれば監督の目の前で(笑)。
出ると生き生きと活躍できるジンクスもあるから(苦笑)、もう一度輝きを取り戻して頑張ってもらえれば。
Posted by toricolore at 2010年12月05日 04:08
そして3番。まさにミスターな(?)存在。
今回去る他の選手たちは割を食ったところもあるけど、この選手なら納得せざるおえないでしょう。所属期間が倍くらいし貢献度も違うから仕方がない(笑)。
今回のマッチデイを一人占めして、ある意味非常に贅沢な時間を過ごしたなと。(取りあえず)最後を飾るのには相応しい。
コンディションは直前の故障もあって悪かったけど出場できただけでも良かっし、出かたも大トリみたいな感じで美味しすぎる(笑)。
転んでもタダでは起きないのは、やはり何かを持っているのかな?
Jリーグにおいてもだけど、特にこのクラブでは輝かしい存在でしたからね。強い星の下に生まれたのかも?
監督は自ら大きなケチをつけたので(苦笑)、勝手に”唯一のミスター・マリノス”として任命します(笑)。
間違っても将来監督をやらないほうが良いと思うし、今回で学ぶべき(笑)。
将来は名誉OBとして、後輩を盛り立てたてたり苦言を呈したりして鍛えてやって(笑)。

まあ、別にこれで引退するわけではないんですがね(笑)。
だから今回さよならゲームでも深い悲しみまでなかったとゆうのは、本人にとっても多くの人にとっても、救いだったんじゃないのかな?
いつの日かまた戻ってくるはずだよ。マリノスとはそれくらい太い結びつきがあると思う。
ただ自分次第のところもあるのは理解しておかないと(苦笑)。
今度帰ってくるときは良い意味で変わり、良い意味でそのままでいてほしいね。
多分、2年後になると思うんだけど?(笑) まあ、いつか何らかの形で帰ってくる機会はあるでしょう。
機会が機会で終わるかどうかは?自分の自覚次第(笑)。

しかし、この選手を失ったのは本当に色んな意味で大きいですよね。
まだ22番や25番とゆう同じくらい大きな存在はいますが、また違うような存在感なので。
例えるならば、ONの長嶋さん、ビートルズにおいてのジョンレノンに近い感じかな。
いかに大切なものであったのかと、失ってからよく判るはず。それは本人もだけどね。
これで気の抜けたビールのようなクラブ(って?(笑)に成っちゃうのは怖いな。骨抜きともいえるかな?

それでなくても10番を始め、”クラブの求心力”とも成っていた選手たちが同時に多数抜けたのは痛すぎなので。
これらの選手は単なる戦力や人気者とは違う影響力がある。
キャリアやベテランだからとゆうよりも、クラブでの今までの実績と共に、サポートする人々にどんな印象を残してきたのか?じゃないかな。
これは決して形として見えるようなものだけではない。いかに心に刻み込まれているのか?
しかもそれは一緒に過ごしてきた人々だけではなくても、様々なものから伝わって共有できるもの。それだけの力があればですがね。
ともかく、クラブに関わる人々全てに大きな損失(一部除く)。
この喪失感はそう簡単に消えるものでは無いんじゃないかな?現状が現状だし。
一つの時代が終わったともいえるんですが、少し早すぎたような気もします。
ある人々が無理矢理に終わらせた事なんだから当然なんですが。
あと近年にクラブは監督に恵まれてないんだけど、その影響を多少なりとも受けちゃたかな?これも運命ともいえるので仕方ない。
とはいえ、良い時も時期もあったし、最後に想い出の詰まったホームスタジアムで有終の美を飾れたのは良かったんじゃないのかな?

終わりがあれば始まりもあるんですが、”新しい時代の幕開け”って何時なんだろうと思うし、本当に来るんだろうかとも思う。
クラブがその代わりとばかりにオートマチックに作り出す(笑)ものはニセモノだし、サポートする側が無理に作り出そうとするものも本物じゃない。
きっと自然とゆうか必然的に始まっていくことなんでしょうね?
クラブの努力が実り、サポートする側も同調するような時なのかな?
いつ来るのか?ハッキリ判りませんが、また訪れることを願うばかりです。
でも当分は古豪復活はいつやらとのため息の連続だな(苦笑)。
もうちゃぶるのはいいから。逆にちゃぶられっぱなしなんだから(苦笑)。

今回去る選手はこれで”マリノスの魔法(?笑)”ともいうべきものが解けますが、新たな人生の門出に幸多いことを願います(^^)。
といっても、マリノスの魔法の効き目じたいは以前と比べて、もうかなり薄くなっているから、とりわけ影響ないかな?(苦笑)
Posted by toricolore at 2010年12月05日 04:12
toricoloreさん

コメントありがとうございます。

終わっちゃいました。

2010の横浜F・マリノス。

山瀬功治くん、いなくなっちゃうんですね。

坂田大輔くんも・・・

終わっちゃった・・・
Posted by とりこ at 2010年12月06日 20:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

まったくマリノスはいつもいつも
Excerpt: 変わらないね、マリノスは。 いつもいつも、目先の金儲けの話ばかり。 試合終了後の...
Weblog: ストロングサッカー
Tracked: 2010-12-04 23:43
キングソフト セキュリティソフト 無料 ウイルス対策ソフト
Loading
とりこと横浜F・マリノス トリコロールの魂を持つ選手たち、みんながんばってほしいです。 横浜F・マリノスの選手がんばってネ。