2012年03月20日

あきらめなければ、いいこともある

今日の横浜F・マリノスの試合は、本当にイライラが募る内容でした。

内容的には完敗でした。

よく負けなかったなあ、と思いました。

チョ・ヨンチョルの調子が普通だったら、完全に横浜F・マリノスはボロボロにされていたかも・・・

斎藤学くんの奇跡的なゴールで同点に追いつき、そのまま試合終了となったのですが。

応援するために観ていただけの私ですが、すごく疲れました。


斎藤学くんのゴールは、たぶん、栗原勇蔵くんに合わせてセンタリングを上げたんじゃないかしら。

でも、努力して頑張る姿を見た神様が、きっと学くんにプレゼントをくれたのでしょうね。

ポストにあたって戻ってきたボールが、大宮アルディージャのゴールキーパー北野貴之選手の頭にあたって、そのままゴールに吸い込まれちゃった。


それにしても、みんなどうしてシュートしないんだろう。

自分のところにボールが来てもすぐ自分はしーらないっていう感じにボールを離しちゃうし。

そのわりに、パスのピードもひ弱で、味方にやっと届くかどうか。

力がないというか・・・

中2日でスタミナ不足だったのかなあ。

相手の選手にしてみれば、ボールを奪いやすくて、怖さを感じられなかったんじゃないかなあ。


やっぱり、真ん中にはボールを奪うチカラのある小椋祥平くんがいないとからっきしダメなチームになっちゃうの?

横浜F・マリノスの小椋祥平

横浜F・マリノスって、そんなひ弱な集団じゃないはずと信じたいんだけどなあ。

樋口さんの雷が試合終了後の選手に落ちたと思いますが、試合中にほとんど流れを変えられないのは、選手も監督も何かが足りないから?

何なんだろうね。

サポーターの後押しかなあ。

一生懸命に応援したつもりだけど、まだ、声が小さいかなあ?


大黒将志さん、調子悪かったなあ。

ポストプレーのできるある程度背の高い選手が必要な気がします。

試合序盤からずっとそう思って観ていましたが、栗原勇蔵くんが前線に入って少し流れがましになったのを見て、更にそういう思いが強くなりました。

マルキーニョス、いつまでかかるの?

早く腰なおして欲しいよ。

大宮アルディージャ vs 横浜F・マリノス 1−1

の痛み分け。

横浜F・マリノス
【先発】
GK 21 飯倉 大樹
DF 13 小林 祐三
DF 4 栗原 勇蔵
DF 22 中澤 佑二
DF 16 比嘉 祐介
MF 25 中村 俊輔
MF 29 谷口 博之
MF 7 兵藤 慎剛
MF 14 狩野 健太
FW 11 齋藤 学
FW 9 大黒 将志

【控え】
GK 30 六反 勇治
DF 24 金井 貢史
DF 26 青山 直晃
DF 27 富澤 清太郎
MF 8 中町 公祐
FW 10 小野 裕二
FW 17 松本 怜

大宮アルディージャ
【先発】
GK 1 北野 貴之
DF 30 渡部 大輔
DF 4 深谷 友基
DF 20 金 英權
DF 22 下平 匠
MF 13 渡邉 大剛
MF 6 青木 拓矢
MF 5 カルリーニョス
MF 9 チョ ヨンチョル
MF 16 金久保 順
FW 10 ラファエル

【控え】
GK 21 江角 浩司
DF 34 片岡 洋介
DF 24 鈴木 規郎
MF 23 金澤 慎
MF 7 上田 康太
MF 18 橋本 早十
FW 32 長谷川 悠

posted by とりこ at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック