2012年04月01日

荒天の中好転する横浜F・マリノス?

下位に低迷するチーム同士の戦いで、強風もありどんな試合になるのか心配で心配で・・・

横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ

横浜F・マリノスは、初戦3得点3失点の引き分け以外は敗戦・・・

鹿島アントラーズは、1点も取れない状態で2連敗・・・

足取り重く日産スタジアムに行きました。

年間チケットの先行入場が今年から一般入場よりも30分速くなったとは言え、もう少し流れをスムーズにできないのかしら。。。

スポンサーの日清さんのイメージを落とさないためにも、袋とカップ麺をもっとうまく入場者に受け取れるようにしておいたほうがいいと思いました。

「最初から袋に入れとけよ〜」

そんな声もあちらこちらから聞こえてきました。

せっかく、美味しそうなものですから私は嬉しかったんですけどね。

レジェンド代表のビスコンティさんもオープニングに登場したんですが・・・

ビスコンティ

でも、試合の方は、なんとも言えない感じでした。

栗原勇蔵くん、金井貢史くんの調子は明らかに戻ってきていて、守りについては、アントラーズのちょこまか動くフォワードをしっかり封じていて、その点では調子が戻ってきている気配も感じられました。

金井貴史くん、攻撃でも前にグングンと前に行く姿が見れて、気持ちを前面に出していました。

レトロユニ効果?

でも、勝てなかったからなあ。


レフリーがしっかり観ていてくれていれば、あれは、PKじゃなかったのかしら。

岩政選手のスライディング、以前ほど切れがなくて、ファール気味に止めるのがやっとという場面も多かった気がします。

まあ、栗原勇蔵くんもセットプレーの時は相手をなぎ倒す場面が多かったですが。

栗原勇蔵たち







ところで、横浜F・マリノスの金井貢史くんの怪我はが大丈夫かしら。

担架に乗せられて苦しそうにうめいたまま運ばれちゃったから・・・

担架に運ばれて退場する金井貢史

金井貢史くんがしばらく出られないとなると・・・

オリンピックもあるから、比比嘉祐介くんだけでは苦しいかなあ。

金井貢史に代えて、比嘉祐介

まさか、そんなことも考えてドゥトラ獲得?

そうだとすれば、嘉悦社長、下條さんの先を目があるとうことかしら。

ところで、マルキーニョスは?

ドゥトラの移籍手続き完了めどは?

昨日の試合は、両チームに新加入選手ドゥトラの対決もあるか?なんてことも思ったんですけどね。

横浜F・マリノスは、後は誰が得点するか、ですね。

みんなペナルティーエリアに入ってもパスを選択するようではまだまだ。

自分がゴールをこじ開けてやる!

そのくらいでいいと思います。

シュート数3本からシュート数30へ10倍増を狙おうよ。(極端だけど)

ね、齋藤学くん、小野裕二くん。

大黒将志さんのワントップは、背の高さもないし、ヘディングでも勝てないのであの使い方ならやめたほうがいいと思います。

ゴールキックの競り負けのセカンドボールもみんな拾えずに戻ってきちゃっているから。

ポストプレーのできる渡邉千真くんがいなくなったのはやっぱり影響あるなあ、悔しけど。

樋口監督、どう?

横浜F・マリノスの樋口監督
posted by とりこ at 11:41 | Comment(2) | TrackBack(1) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
もっとシュートを打つ気持ちを出さないと勝てないぞ、マリノス!
Posted by 小僧 at 2012年04月01日 18:03
小僧さん

コメントありがとうございます。

確かにシュート数が3本というのは消極的な数字です。

まとまりは見えつつありますが、まだ自信がないために少し慎重になっているんだと思います。

水曜日のナビスコカップでは、リーグ戦の流れを断ち切るようにおもいっきり行って欲しいですね。
Posted by とりこ at 2012年04月01日 22:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

大黒将志の得点嗅覚
Excerpt: 横浜F・マリノスはなかなか勝利を手にすることができない。まだ昨年のように、大黒将志の得点感覚が戻ってきていない。横浜F・マリノスの動きがチグハグなのも気になる。松田直樹、河合竜二、坂田大輔、山瀬功治な..
Weblog: 闘志横浜F・マリノス
Tracked: 2012-04-01 13:59