2012年04月21日

第7節 ジュビロ磐田 vs 横浜F・マリノス

4月21日(土) 2012 J1 第7節 ジュビロ磐田 vs 横浜F・マリノス(14:00KICK OFF/ヤマハスタジアム)

ジュビロ磐田の松浦選手ってやっぱりうまいですね。

悔しいけれど。

ボールを相手に取られないような位置に置きながらうまくドリブルして前に進んでいって。

リフティングが美味いだけではないですね。

他の選手もジュビロ磐田の選手達は思い切りがいいというか、しっかりした技術を活かしながら個性を出しています。

横浜F・マリノスも、一人ひとりの技術は劣っていないはずと思いたいですが。

ちょっと、萎縮しちゃっていたかなあ。

小林祐三くんは、あまり思い切り良くなくて、パスもう正確なところが目につきました。

横浜F・マリノスの小林祐三

ドゥトラを代えるんじゃなくて、小林祐三くんを早めに代えて金井貢史くん投入という選択もあったかなあ。

大黒将志さんも相変わらず良くないですね。

他のフォワードがいないからなあ。

小野裕二くんは気合が入っていてよかったですが、もっと真ん中でプレーさせてあげられると得点もできると思います。

齋藤学くん、惜しかったです。

ほんの少しだけオフサイド。

それにしても、横浜F・マリノスにはつきもないのかしら。

ジュビロ磐田の山田選手、山崎選手も若いのにいい選手だと痛感させられました。

相手を褒めている場合じゃないけれど・・・

横浜F・マリノス
【先発】
GK 21 飯倉 大樹
DF 13 小林 祐三
DF 4 栗原 勇蔵
DF 22 中澤 佑二
DF 5 ドゥトラ
MF 27 富澤 清太郎
MF 8 中町 公祐
MF 25 中村 俊輔
MF 7 兵藤 慎剛
FW 10 小野 裕二
FW 9 大黒 将志

【控え】
GK 1 榎本 哲也
DF 26 青山 直晃
DF 24 金井 貢史
MF 28 熊谷 アンドリュー
MF 14 狩野 健太
MF 11 齋藤 学
FW 23 松本 翔

ジュビロ磐田
【先発】
GK 21 八田 直樹
DF 5 駒野 友一
DF 24 チョ ビョングク
DF 33 藤田 義明
DF 13 宮崎 智彦
MF 23 山本 康裕
MF 7 小林 裕紀
MF 8 ペク ソンドン
MF 11 松浦 拓弥
MF 10 山田 大記
FW 18 前田 遼一

【控え】
GK 31 竹重 安希彦
DF 16 金沢 浄
DF 22 菅沼 駿哉
MF 6 ロドリゴ ソウト
MF 15 菅沼 実
FW 9 山崎 亮平
FW 30 阿部 吉朗

posted by とりこ at 17:45 | Comment(3) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
皮肉にも形的にはマリノスが昨シーズンやっていたようなゲームでしたね。
さすがに尻に火がついたか?フィジカル的にはより頑張り内容的には優勢、しかし結果的に負けましたと。
相手の直樹選手が活躍しましたけど、なんか3番も一緒に守っていたのか?なんてことも思った。
我々は勝手に都合良く3番が見守ってくれていると思っている部分がありますが、実は逆なんじゃないかと強く思います。

ゲーム的には今まで磐田を見ていないせいか個人的にはこんなもんなの?という印象でしたけど。
ここ数試合の結果をみると調子が下降気味で今回悪かったような?
マリノスが悪くなかったという以上にジュビロが悪かったような感じも受けます。
今回のジュビロは結果良ければ全て良しなのかな?

マリノスですが、これでリーグ戦7戦連続未勝利、公式戦でいえば10戦未勝利。
ナビスコ杯予選敗退ほぼ決定的、リーグ戦も約5分の1を消化しACL出場に後々響くのは間違えなし。
20周年シーズンですが、例年以下のシーズンとなる可能性がかなり高まった。
解任を否定しているフロントは一体どーすんだ???(苦笑)
もっとも未だ実業団時代の延長として運営している節があるので関係ないんだろうけど。
サッカークラブというのは地元の観客から支えられるものですが、マリノスについてオーナー企業の意向が全てのようなプロ野球的運営。
今シーズン5、6年ぶりに復帰したドゥトラがJリーグはスピードが増したと感じているのと同じく、時代は確実に変化するなり進んでいる。
他の多くのクラブと違い、ある意味時代錯誤的なマリノスというクラブは時代に追いつき、そして先端を走る日はやって来るのか?
今はもう”古豪”というに相応しい。
それから現体制を支持している一部サポーターにとってはマリノスはいわゆる同好会みたいなもの(基本的には勝敗も監督も選手も関係ない)。
マリノスがこういう状態に陥っているのはある意味必然的といえるでしょうか?

しかしここまで来てもやはり監督は代えないのかな? 社長はそんな気が無さそうですし。
まあ、フロントのミスも大きいし選手の働きもあるので、全て監督の責任とは思わない。
しかし大きな問題があるというのは明らか。
前監督(以前)からでしたが、チーム組織というより個人の集まり的なチームを作っていますから、ピースが足りないと不具合が起こると。
でも足りないピースがあるかといって完成するものでも良くなるものではない。工業製品を作っているわけじゃないですから。
社長はピースさえあれば簡単に上手くいくと思っているみたいですけど。
もしそうならばタレントが揃っている浦和も苦労していない。
素材も必要だけど、それを使って作る人がとても重要ですよと。
その能力を認めているからこそ任せたんだろうけど、個人的には甚だ疑問ですけどね。
実績だけでいえば、勝つ事が出来ない監督ともいえるのでは。

次はホームですか。
なんかここまで来たら次は勝てるなんてあまり思えないな。
もっとも個人的には今シーズンはダメだろうと思っていましたが、ここまで勝てないとは(苦笑)。
実業団なり同好会ならどんな成績だろうと、どんな内容であろうと自分たちだけで済む問題ですが、マリノスは一応大衆スポーツのプロのクラブでもあります。

Posted by 通りすがりのトリコロール at 2012年04月21日 20:23
こんにちは。久しぶりの書き込みです。
横浜Fマリノスサポーター岩手県代表(自称)です。
今年はなんつーかもうひどすぎますね。
試合のTV放送があんまりないのでほとんど試合は見れてませんが、悲しすぎます。
一昨年の大量解雇、そして今年の主力流出、そして毎度のように出した選手の他チームでの活躍。
ここ最近の話ではないけれどマリノスフロントは見る目ないなと。今までもFWで外国人連れてきても期待するほど活躍しないし、マルキーニョスには期待してたけど出てこないし、こうも補強が裏目裏目に出るチームなんて凄すぎる。選手を責める気はないけども、フロントはほんともう呆れるを通りこして3周くらいした気分です。

言いたいことは山ほどあるけども、とりあえず自分は和司のとっつぁん肯定派でした。
3位以内は達成出来なかったけど、1年目より2年目は確かに良くなってきてたしね。ただ大量解雇の件があって辞める発言しちゃったもんだから仕方がないけども、今のような1回も勝ててないならともかく少しずつでも結果を残していっていたので3年くらいやらせてあげて欲しかった。
ただマジで大量解雇された選手は大好きな選手達&貢献者達だっただけに意味わかんねーとかものすごく思ったし未だに悲しさは癒えてないこども。

とにもかくにもフロントの迷走、これに尽きる。

最後にとりこさんにお願いがあります。

こっちは岩手なであってマリノスの情報があんまり入ってきません。絶不調のマリノスなのでとりこさんのブログ更新頻度がここ最近少なくなってる気がしますが、いつもチェックしてるのでマリノス情報アップよろしくお願いします!

弱くたって見限ったりしないのでなんとかこの未勝利の状況を破ってくれマリノス!!!

Posted by みすちるくん at 2012年04月22日 14:31
通りすがりのトリコロールさん、みすちるくんさん

コメントありがとうございます。

なんとなく、気持ちが下がり目な私の気持ちをお二人がしっかり刺激してくれて、少し元気を取り戻しつつあります。

横浜F・マリノスのファン、サポーターの気持ちはいろいろな意見があって、フロントに対する応援、批判どちらもあるようです。

私自身も横浜F・マリノスというクラブは愛しているものの、少し懐疑的な気持ちを出てきているのが正直な気持ちです。

でも、恋は盲目。

しっかり横浜F・マリノスを応援し続けなくっちゃね。
Posted by とりこ at 2012年04月22日 22:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック