2012年05月17日

Jリーグ20年目の新たな歴史、横浜F・マリノス斎藤学が口火

ファミリーシリーズとして開催されたヤマザキナビスコカップ。

横浜F・マリノスと鹿島アントラーズの闘いでした。

横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ


横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ

Jリーグの誕生からもう20周年。

いろいろな歴史を作ってきた横浜F・マリノスと鹿島アントラーズ。

試合前に流された映像は感動ものでした。

横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ


横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ

試合の方は、齋藤学くんのものすごくいいドリブル突破を相手選手がファール気味に止めたことから動きが始まった気がします。

家本レフリーはファールを取ってくれませんでした。

横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ レフリー家本


斎藤学くんもそれはないでしょ、と少し抗議をしていました。

あまりしつこく判定に文句をいうのは見苦しいですが、あれは・・・ね。

家本さん、齋藤学くんの行動にも笑顔でかわして何事もなかったかのように。

家本レフリーに抗議する齋藤学

でも、きっと、心のなかでは、ファールだったかなあ、とおもたんじゃないかしら。

それで、齋藤学くんと鹿島アントラーズの曽ヶ端選手が交錯したシーンでは、あっさりとPKを取ってくれた感じ。

あのプレーのほうが微妙に見えたけど。

PKのキッカーは、横浜F・マリノス兵藤慎剛くんでした。

PKを蹴る横浜F・マリノス兵藤慎剛

中村俊輔くんはベンチでしたからね。

ベンチの中村俊輔、マルキーニョス


兵藤慎剛くんのPKは、見ているこっちのほうがドキドキで、緊張しちゃいました。

PKを蹴る横浜F・マリノス兵藤慎剛

見事にPKが決まって、横浜F・マリノスが先制。

横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ

これで、横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ 1−0。

横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ

posted by とりこ at 22:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック