2006年11月26日

同じ横浜でも天と地の差

横浜FCはいいチームですね。

横浜F・マリノスは、どうしようもないチームに成り下がってしまいましたね。

松田さんは、クビですね。

みんな、気持ちが感じられないホーム最終戦。

岡田監督、水沼監督、誰が監督でも選手の気持ちがなければ結果は同じですね。

社長も、金の亡者なら、気持ちのない選手に給料払うのをやめた方がいいですね。

サポーター、一生懸命応援していましたけれど、試合後は大ブーイング。

こんな試合を見せられて、まだ天皇杯がある?

信じられません。

また、大分相手にへぼ試合なんか見たくありません。

坂田くん、大島さん、つぶれながら頑張っていたんだから、中盤を厚くして奥さん投入が良かったんじゃないでしょうか。

松田さんは、ひざが治っても来年はもういりません。

サポータを裏切ったのですから。

水沼さん、松田さんの退場は、「指導力のなさ」ですか。

そんな気持ちなら、即監督を辞めていいです。

もっと、厳しく、熱い気持ちがあると信じていましたけれど。

フクアリで、今日の退場人と河合さん、ドゥトラさんも出場停止。

走れないチームじゃ大敗して、今期終わり。

あ〜あ、「横浜」ですか。

同じ「横浜」でも、大きなな違いがありますね。
posted by とりこ at 22:27 | Comment(1) | TrackBack(1) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
初めまして。
TB有難うございました。
ホント、マツのやった事は悲しいですよね。
いつまでたってもあんな事やるのか、、、
これでは天皇杯も危ういですよ。

来年の横浜ダービーはイヤな予感が。。。(苦笑)

またよろしくお願いします☆
Posted by キング at 2006年11月27日 10:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

2006年シーズンの象徴試合。
Excerpt: 優勝争いで盛り上がる味スタからは、そんなに離れていない日産スタジアム。 こっちはこっちでお客さん入ってましたよ。 ホームゴール裏はほぼ満席。にも関わらず残念ながら結果は出せず。 本日11月2..
Weblog: キングのオキラク蹴球記
Tracked: 2006-11-27 10:52