2012年10月08日

攻める姿勢を持つ横浜F・マリノスの背番号10

横浜F・マリノスの背番号10小野裕二くんの気持ちが分かる人は、PKの失敗を責められないはずです。

自分でとったPK。

背番号10というエースナンバーを背負うもの。

しかも、点を取るのが仕事のフォワード。

他の選手を頼るような選手が多い横浜F・マリノスには貴重な選手といえると思います。

サンフレッチェ広島の選手たちも、蹴る前にちょこまかと邪魔をしてセコい。

正々堂々とやって優勝する気はないの?


ボールをセットするところに兵藤慎剛くんが駆け寄って来ましたが、小野裕二くんは蹴る気満々。

いいじゃない、その気持ち!

横浜F・マリノス小野裕二のPK

サンフレッチェ広島の誰かがボールに祈りを込めて邪魔をしたあとに、今後はゴールキーパー西川周作選手も邪魔しちゃって。うるさいなあ。
横浜F・マリノス小野裕二のPK


横浜F・マリノス小野裕二のPK

横浜F・マリノス小野裕二のPK

横浜F・マリノス小野裕二のPK

横浜F・マリノス小野裕二のPK

横浜F・マリノス小野裕二のPK

横浜F・マリノス小野裕二のPK

横浜F・マリノス小野裕二のPK

横浜F・マリノス小野裕二のPK

横浜F・マリノス小野裕二のPK

横浜F・マリノス小野裕二のPK

この悔しさを忘れなければ、次こそいいことがあるよ、小野裕二くん。

横浜F・マリノス小野裕二のPK


posted by とりこ at 21:29 | Comment(3) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
大丈夫。
広島の選手に限らず、横浜の選手もそんな駆け引きしてるからさ

でも25番の選手だったかな、鳥栖戦で相手に膝蹴食らわせてました。
暴力なしで正々堂々と戦ってもらいたいものです

自分のクラブだけは大丈夫って思わないように☆彡
Posted by fight at 2012年10月09日 01:21
「J1反則ポイント」

1位 サンフレッチェ 2
2位 フロンターレ   24
9位 マリノス    63

こういう部分も見るべきでは?
Posted by Jリーグ公式より at 2012年10月09日 05:45
絶対に決めなければいけませんでした。あそこで自分の意思で蹴って、なおかつ決めれる選手を育てて欲しいものです。

とはいえ過ぎてしまったことです。大いなる糧にしてもらいたいです。
Posted by よく拝見してます at 2012年10月10日 22:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック