2013年10月27日

共に頂点へ

ホームで勝てない大分トリニータを相手にした試合でしたが、横浜F・マリノスもなんか窮屈な戦いぶりでした。

主審は、松尾一さん。

これを思い出しちゃいました。

固いもの同士の戦い。マリノスとベガルタ。

降格が決まってから守備が堅くなった大分トリニータと、首位をガッチリとキープしなければいけない横浜F・マリノスの戦い。

何となく、横浜F・マリノスの方にプレッシャーが大きくかかっていた感じ。

でも、横浜F・マリノスにはみんなで目指すものがあります。

共に頂点へ

共に頂点へ

大分トリニータも良いチームでした。

高松選手や森島選手が怪我でなければ、結果はどうなったことか。



ところで、松本怜くんは元気なの?



中村俊輔くんの神業フリーキックで横浜F・マリノス勝利。

大分トリニータ vs 横浜F・マリノス 0−1。


posted by とりこ at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック