2015年09月25日

横浜F・マリノスのキャプテンマークはこうしてつながっていく

横浜F・マリノスの10番は、言わずと知れた中村俊輔くん。

その中村俊輔くんも、怪我でしばらく戦列を離れていたためか、90分やり抜くゲーム体力が落ちていると判断されてか、途中交代されることが最近は珍しくありません。

その中村俊輔くんの交代の際に、誰がキャプテンマークを引き継ぐか。

これからの横浜F・マリノスの未来を誰に託すのか。

大げさではない話かもしれません。

ボンバー中澤佑二さんにキャプテンマークをつなぐことも以前はありましたが。

先日のFC東京戦では、このひとにキャプテンマークは引き継がれました。

私としては、すごく納得です。

横浜F・マリノス背番号7、兵藤慎剛くん。
横浜F・マリノス背番号7、兵藤慎剛

中村俊輔くんを迎える兵藤慎剛くん。
中村俊輔を迎える兵藤慎剛

中村俊輔くんとハイタッチ!の兵藤慎剛くん。
中村俊輔とハイタッチ!の兵藤慎剛

中村俊輔くんから受け取ったキャプテンマークを巻く兵藤慎剛くん。
中村俊輔から受け取ったキャプテンマークを巻く兵藤慎剛

兵藤慎剛くんが中村俊輔くんに代わって、コーナーキックを蹴る場面もありました。
兵藤慎剛が中村俊輔に代わって、コーナーキックを蹴る場面

わがままなプレーは一切せず、チームのために最後をしっかり締めくくってくれました。

日産スタジアムを万人にするために。

このトリパラが、ゴール前だけでなく、日産スタジアムのアチラコチラで見えるようになる日も遠くないかもしれません。
トリパラの回る横浜F・マリノスゴール裏

少なくとも、ひょうちゃん、兵藤慎剛くんはそう信じて、いつも戦ってくれていそうです。

posted by とりこ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック