2018年11月04日

横浜F・マリノスの攻撃的左サイドの適任者は・・・

横浜F・マリノスの変則的布陣も、相手に研究されてきていて、やや停滞気味。

特に、前線からガツガツ来るやり方に苦労させられています。

ゴールキーパーの飯倉大樹くんやチアゴマルチンスくん、ドゥシャンくん、扇原貴宏くん当たりでボールをつなぐだけでは相手に怖さを感じさせることができません。

相手にとっては思うツボ。

そこら編でボールを回している隙にガツン!って言って、ボールを奪えれば横浜F・マリノスのゴールを一刺し!ですものね。

横浜F・マリノスにとってはリスクばかり大きくて、見返りが極めて少ないやり方に感じるんですけど・・・

でも、ポステコグルー監督は自分たちのスタイルと言って変えないのでしょうね。

それを、大勢のサポーターも期待しているわけで・・・

前線にボールが行くまでの道のりが、横浜F・マリノスにとっては険しくて遠いんと感じるんですけれど・・・

遠藤渓太くんのあのいち早く縦に駆け抜ける爽快感があれば、また別なのでしょうが・・・

次節は遠藤渓太くんは復活するのかしら。

ウーゴヴィエイラくんが出場停止だから、外国人枠が一つ空くけれど、どうするのかしら。

横浜F・マリノスイッペイシノヅカくんも縦に行こうとはしているんですけれど・・・
横浜F・マリノスイッペイシノヅカ

遠藤渓太くんがまだだとすれば・・・

オリヴィエブマルくんを起用するのかなぁ。


この二人はどんな気持ちだったのかしら・・・

交代でベンチに下がった、横浜F・マリノス喜田拓也くんとイッペイシノヅカくん
横浜F・マリノス喜田拓也とイッペイシノヅカ

posted by とりこ at 21:57 | Comment(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。