2019年08月11日

谷にもあれば山もある

真夏の高校球児は変人の集団じゃないかしら・・・

よく、あんなカンカン照りの中で試合ができるなあ。

しかも、一人で延長まで投げ抜いて、サヨナラホームラン打たれちゃったりして。

それを青春って、みんなで褒めたたえたりして。

倒れる人は出ないのかしら。

なんて、・・・


話を他に向けたくもある今日この頃の私。

下を向いてばかりもいられないよね。
横浜F・マリノス パクイルギュ 三好康児 ドゥシャン

大津祐樹くんのワントップは、ちょっと辛いかなあ。

ワントップに置くのであれば、山谷侑士くんみたいな本職フォワードの方がいいかも。

大津祐樹くんは持ち前の泥臭さを生かしてあげないとかわいそうだし、チームとしても機能しないかも。

マルコスジュニオールくんもここ数試合徹底マークにあって、あまり前を向いたいいプレーができていないよね。

この状況をどう打開するか。

遠藤渓太くん、昨日の試合も前半はよかったけれど、後半はちょっと影が薄くなっちゃったよ。

もっと、もっと、暴れようよ!!

おとなしいのはダメ!!


posted by とりこ at 11:16 | Comment(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。