2008年04月13日

2点目は、功治

昨日の横浜F・マリノスの得点者。

ロニーだけではありません。

この人も忘れてはいけません。

山瀬功治くん。

ゴール前で、松田直樹さんが、粘って粘って、ボールの行方を見失っていたところを、坂田大輔くんがしっかりフォロー。

ボールを奪うや、否や、すぐさま、山瀬功治くんへのナイスアシスト。

みんなの連携を、しっかり、無駄にせず、山瀬功治くんが確実のゴールへ叩き込みましたね。

みんなの魂の結晶が実を結んだこのシーン。

ゴールしたのは、功治くんですが、全員の力、心がひとつになった証。

その証拠写真もありますよ。

山瀬功治:横浜F・マリノス

山瀬くんを、後ろから羽交い絞めにしているこの男は?
山瀬功治:横浜F・マリノス

もう、みんなで、日本代表の10番をもみくちゃに、いじりまくり。
山瀬功治:横浜F・マリノス

相手は、つまらないハンドで、戦闘放棄した人間がいたので、一人少なかったからね。

横浜F・マリノス2対0

レイソル、自滅しちゃあね。しっかり、相手してくださいね。
posted by とりこ at 09:18 | Comment(1) | TrackBack(1) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
とりこさん

こんにちは。

マリノス、ホームでの勝利よかったですね。

でも、私としては、ちょっと、消極的な場面があって、物足りなさも。

田中隼磨選手、もっとできるはずです。

応援していきたいと思います。
Posted by サッカーを愛して at 2008年04月13日 11:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

裏番、影武者、功労者
Excerpt: 遅くなりました。 この前、横浜F・マリノスは、柏レイソルに快勝でしたね。 予想通り。 この試合、ロニー、とか、松田直樹とか、山瀬功治とか、いろいろと攻撃陣に目がいっていますが。 やっぱりわたしの中で..
Weblog: ADSLからTEPCOひかりへの乗換えを体験
Tracked: 2008-04-14 20:17