2008年05月07日

横浜F・マリノスの得たもの勝ち点1、いや、負け点2...

勝ち点1を得たといってよいのでしょうか。

何か、負けたような気分。

前半は、まるで、最下位チームじゃないの?って、いう感じ。

後半は、少しは盛り返したけれど、まったくだめ。

結局、同点どまり。

大宮戦1対1

せっかく、ワンコイン、ワンペーパーで、家族連れのお客さんがいっぱい来たのに。

連休の最後に、家族連れで来てくれた将来を夢見ている子供たちの前で、こんなサッカーしかできないチームだったの?マリノスは。

そんなチームなら、もう、お客さん、来てくれなくなっちゃうよ。

悲しい。

勝ち負けのことじゃないですよ。

気持ちです。

闘志、ひたむき、ってスローガンの言葉は、どこへ言っちゃったの?

監督も、前半はスルーで後半勝負のつもりだったらしいけれど、そんな計算ができるチームには見えませんでした。

悲しい。

相手を甘く見すぎていたの?

いやいや、戦う姿勢ができていなかったんじゃないの?

それなら、いっそのこと、普段チャンスを与えてもらえない選手を使った方が...

あ〜あ。

本当に、本当に、子供たちには夢を与えて欲しかったのに。

サッカーが楽しいって思って欲しかったのに。




次は、ACLできっと疲れも残るはずのガンバ大阪。

アウェイですし、今日の試合の直後の今の気持ちでは応援に行く気持ちになれません。

少し、冷静に考えます。

もう寝ます。


横浜F・マリノスらしさが...
posted by とりこ at 18:35 | Comment(1) | TrackBack(1) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
同感。

そんな横綱相撲が出来るほどのチームじゃないからね、残念だけど

とにかく90分我武者羅にやって欲しいよね

Posted by セレタス at 2008年05月07日 12:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

英断 vs大宮
Excerpt: 連敗は阻止したものの悔いの残るドロー 残念ながらマリノスにとってG.Wとはならなかったこの4連戦 今日は前半と後半で別のチームだっ...
Weblog: 精神科病棟24時 〜クワイエットルームへようこそ〜
Tracked: 2008-05-07 12:09