2016年11月15日

スーパーな日

お誕生日おめでとうございます。

今日はスーパーな日ですね。

横浜F・マリノス背番号4栗原勇蔵くんと一緒に映る今日お誕生日の背番号13小林祐三くん。
横浜F・マリノス栗原勇蔵と小林祐三

(このユウゾウコンビでの試合もあと3試合になっちゃうのかしら)

お誕生日を祝ってか、今日はお月様もまん丸笑顔です。
スーパームーン

昨日のスーパームーンは雨で見られませんでしたが、今日はご機嫌なのかしら。


posted by とりこ at 19:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |

2016年11月14日

これでまた横浜F・マリノスのフロントからの発表が・・・

横浜F・マリノスの天皇杯ベスト8進出が決まったこと自体はうれしいのですが・・・

アルビレックス新潟戦が終われば、もしかしたら、いろいろな話が少しずつ正式に発表かも・・・

って、思っていましたが、フロントもさすがに間が悪いと少し引っ張るんじゃないかしらね。

年チケの売り上げにどう影響するんだろう・・・??


昨日、久しぶりに中村俊輔くんに電車の中でお会いしました。
横浜F・マリノス中村俊輔

今度はクリスマスイブにピッチで頑張っているお姿を拝見できるといいですね。




posted by とりこ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |

2016年11月13日

内容はボロボロでもレフティーが勝利を引き寄せました

正直言って、内容はさっぱりという感じに見えちゃいました。

アルビレックス新潟の選手たちの方がガツガツ気合を出していて、その迫力に押されてしまっている感じ。

でも、90分を過ぎても、この人の左足には力が残っていました。

横浜F・マリノス天野純

大したものだなあ、と感心しちゃったよ。

スタミナも付いたし逞しくなったね。

横浜F・マリノスのレフティ、天野純くん。



ところで、クリスマスイブは、吹田スタジアムなの?日産スタジアムなの?

どっち?


横浜F・マリノス
【先発】
GK1榎本 哲也
DF13小林 祐三
DF22中澤 佑二
DF2パク ジョンス
DF24金井 貢史
MF28喜田 拓也
MF29天野 純
MF25前田 直輝
MF7兵藤 慎剛
MF20マルティノス
FW17富樫 敬真

【控え】
GK21飯倉 大樹
DF5ファビオ
DF15新井 一耀
MF26中島 賢星
MF18遠藤 渓太
FW14和田 昌士
FW16伊藤 翔

アルビレックス新潟
【先発】
GK21守田 達弥
DF27松原 健
DF4舞行龍ジェームズ
DF24西村 竜馬
DF25小泉 慶
MF6小林 裕紀
MF8レオ シルバ
MF37野津田 岳人
MF13加藤 大
FW14田中 達也
FW19鈴木 武蔵

【控え】
GK22川浪 吾郎
DF3増田 繁人
DF7コルテース
MF18成岡 翔
MF41小塚 和季
FW11指宿 洋史
FW32カリウ





posted by とりこ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |

2016年11月12日

2016 天皇杯 4回戦 横浜F・マリノスvsアルビレックス新潟

直近でアルビレックス新潟と戦ったのは、ホーム日産スタジアム。

その時は、横浜F・マリノス vs アルビレックス新潟 3−1で勝利を収めることができました。
横浜F・マリノスvsアルビレックス新潟 3−1



アルビレックス新潟の成岡選手と横浜F・マリノス栗原勇蔵くんの一騎打ち。
アルビレックス新潟の成岡と横浜F・マリノス栗原勇蔵

こちらは、横浜F・マリノス栗原勇蔵くんとアルビレックス新潟松原健選手の対決。
横浜F・マリノス栗原勇蔵とアルビレックス新潟松原健

横浜F・マリノスの背番号4は、アルビレックス新潟背番号27の首をひとひねり?
横浜F・マリノス栗原勇蔵とアルビレックス新潟松原健

このメンバーで戦えるのは、もうあとわずか。

元日吹田スタジアムまで一緒に行きたいね。

横浜F・マリノス


posted by とりこ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |

2016年11月11日

俺たちが日本一愛しているぜマリノス

俺たちが日本一愛しているぜマリノス
俺たちが日本一愛しているぜマリノス

もう一度、こうやってみんなで喜びあいたいですね。

横浜フリューゲルスの時は、チーム解散という危機を前にみんなの気持ちが一つに。

2014年元日の時には、2013年リーグ優勝を逃して気持ちを新たに臨んだ天皇杯でした。

そして、今回の天皇杯・・・

気持ちの切り替えが難しそう。

横浜F・マリノスも。

アルビレックス新潟も。

ともに純粋にサッカーで競ってほしいと思っています。




posted by とりこ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |