2012年04月24日

トリコロールの血を引きし者

我慢も限界・・・

に先日コメントさせて頂きました。監督をコロコロ変えるのは今まで失敗してきた横浜F・マリノスのやり方です。

今年の一番の失敗は、監督を替えたのに後任の監督が昨年までコーチをしていた人で監督の実績・成績があまりない人ということで手を売ってしまったことじゃないかと私は思っています。

一生懸命さは分かるんですが。

その決断をしたのが社長だから、次の一手を打つにくいんじゃないかしら。

きっと、お金もないから後任の監督探しもうまく行っていないでしょうし。

水沼貴史さんみたいな横浜F・マリノスに暖かくも厳しい対応ができるOBじゃないと立て直すは出来ないんじゃないかなあ。

横浜F・マリノスの歴史

横浜F・マリノスの歴史、トリコロールの血を引きしものが救ってくれると信じています。

でも、樋口監督も一生懸命だから、悩ましいですね。



posted by とりこ at 08:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |

2012年04月23日

けが人多数の横浜F・マリノスから選ばれたのだから

トレーニングのための合宿だから、行かないという選択肢もあったのでは?

などと後ろ向きなことを言ってはいけませんよね。

やっぱり、サッカー選手にとってワールドカップへの道を閉ざすことはモチベーション低下を招くでしょうしね。

でも、今の横浜F・マリノスの状況、怪我人多発の状況をしっかり考えていてきてくださいね、栗原勇蔵くん。

横浜F・マリノスの日本代表栗原勇蔵

守備のやり方だけではなく、攻撃の起点となるためにやりかた、セットプレーげの得点源として活躍するために工夫など。

ザッケローニ監督から教えを乞うたり、他の日本代表からしっかり盗みだしてきて、横浜F・マリノスに還元してくださいね。

そうじゃないと、横浜F・マリノスのセンターバック・コンビは、中澤佑二さんと青山直晃さんになっちゃうよ。

トリコロールの誇りを胸に必死で練習してきてください。




posted by とりこ at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |

2012年04月22日

横浜F・マリノスキャプテン中村俊輔くんのフリーキック

サッカーの得点にはいろいろな種類、形がありますが、やはり、セットプレーからの得点の割合が多いのは現代サッカーの特徴だと思います。

そして、よく横浜F・マリノスの試合では、

キッカーがいいから期待できますね〜

高さのある選手がいて、コーナーキックには期待できますね〜

という実況や解説者の声が聞こえてきます。

でも、・・・

最近はそんな場面は随分ご無沙汰。

一体いつのことかなあ、前回フリーキックなコーナーキックから得点シーンを見ることができたのは・・・

先日のニッパツ三ツ沢球技場での中村俊輔くんのフリーキックの写真です。

中村俊輔のフリーキック

中村俊輔のフリーキック

中村俊輔のフリーキック

中村俊輔のフリーキック

中村俊輔のフリーキック

中村俊輔のフリーキック

中村俊輔のフリーキック

入りそうではいらない、最近の中村俊輔くんのセットプレー。

サッカーの神様も厳しいです。

posted by とりこ at 20:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |

2012年04月21日

第7節 ジュビロ磐田 vs 横浜F・マリノス

4月21日(土) 2012 J1 第7節 ジュビロ磐田 vs 横浜F・マリノス(14:00KICK OFF/ヤマハスタジアム)

ジュビロ磐田の松浦選手ってやっぱりうまいですね。

悔しいけれど。

ボールを相手に取られないような位置に置きながらうまくドリブルして前に進んでいって。

リフティングが美味いだけではないですね。

他の選手もジュビロ磐田の選手達は思い切りがいいというか、しっかりした技術を活かしながら個性を出しています。

横浜F・マリノスも、一人ひとりの技術は劣っていないはずと思いたいですが。

ちょっと、萎縮しちゃっていたかなあ。

小林祐三くんは、あまり思い切り良くなくて、パスもう正確なところが目につきました。

横浜F・マリノスの小林祐三

ドゥトラを代えるんじゃなくて、小林祐三くんを早めに代えて金井貢史くん投入という選択もあったかなあ。

大黒将志さんも相変わらず良くないですね。

他のフォワードがいないからなあ。

小野裕二くんは気合が入っていてよかったですが、もっと真ん中でプレーさせてあげられると得点もできると思います。

齋藤学くん、惜しかったです。

ほんの少しだけオフサイド。

それにしても、横浜F・マリノスにはつきもないのかしら。

ジュビロ磐田の山田選手、山崎選手も若いのにいい選手だと痛感させられました。

相手を褒めている場合じゃないけれど・・・

横浜F・マリノス
【先発】
GK 21 飯倉 大樹
DF 13 小林 祐三
DF 4 栗原 勇蔵
DF 22 中澤 佑二
DF 5 ドゥトラ
MF 27 富澤 清太郎
MF 8 中町 公祐
MF 25 中村 俊輔
MF 7 兵藤 慎剛
FW 10 小野 裕二
FW 9 大黒 将志

【控え】
GK 1 榎本 哲也
DF 26 青山 直晃
DF 24 金井 貢史
MF 28 熊谷 アンドリュー
MF 14 狩野 健太
MF 11 齋藤 学
FW 23 松本 翔

ジュビロ磐田
【先発】
GK 21 八田 直樹
DF 5 駒野 友一
DF 24 チョ ビョングク
DF 33 藤田 義明
DF 13 宮崎 智彦
MF 23 山本 康裕
MF 7 小林 裕紀
MF 8 ペク ソンドン
MF 11 松浦 拓弥
MF 10 山田 大記
FW 18 前田 遼一

【控え】
GK 31 竹重 安希彦
DF 16 金沢 浄
DF 22 菅沼 駿哉
MF 6 ロドリゴ ソウト
MF 15 菅沼 実
FW 9 山崎 亮平
FW 30 阿部 吉朗


posted by とりこ at 17:45 | Comment(3) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |

2012年04月18日

ヤマザキナビスコカップ 清水エスパルス vs 横浜F・マリノス

4月18日(水)ヤマザキナビスコカップ 清水エスパルス vs 横浜F・マリノス(19:00KICK OFF/アウトソーシングスタジアム日本平)

内容も。

結果も。

伴うことを願っているのは、横浜F・マリノスを応援するもの誰もが同じ気持ちと思います。

樋口監督も選手も苦しんでいます。

それを助けるのが仕事の人もいるはずです。

トカゲのしっぽ力はもう見たくありません。

そんなことを考えてしまいました。

横浜F・マリノスを愛すればこそ。

悔しくて悔しくて。

寝付けそうもありません。

横浜F・マリノス
【先発】
GK 21 飯倉 大樹
DF 24 金井 貢史
DF 26 青山 直晃
DF 4 栗原 勇蔵
DF 16 比嘉 祐介
MF 14 狩野 健太
MF 28 熊谷 アンドリュー
MF 8 中町 公祐
MF 7 兵藤 慎剛
FW 10 小野 裕二
FW 23 松本 翔

【控え】
GK 30 六反 勇治
DF 5 ドゥトラ
DF 13 小林 祐三
MF 27 富澤 清太郎
MF 40 喜田 拓也
MF 19 森谷 賢太郎
FW 17 松本 怜

清水エスパルス
【先発】
GK 1 山本 海人
DF 17 河井 陽介
DF 3 平岡 康裕
DF 4 カルフィン ヨン ア ピン
DF 33 李 記帝
MF 30 姜 成浩
MF 7 アレックス
FW 32 石毛 秀樹
FW 23 白崎 凌兵
FW 11 大前 元紀
FW 14 伊藤 翔

【控え】
GK 31 林 彰洋
DF 5 岩下 敬輔
DF 25 犬飼 智也
MF 2 村松 大輔
FW 19 高原 直泰
FW 13 高木 俊幸
FW 27 鍋田 亜人夢


posted by とりこ at 23:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |