2009年12月16日

Jリーグの経済状況

大分トリニータの借金が大変な状況という話が、アチラコチラから聞こえてきます。

去年ナビスコカップで優勝したチームとは思えない状況です。

ポポビッチ監督もいなくなっちゃったし。

選手も頑張っても、それに見合う見返りが保証されないのでは、と、どんどん他のチームに移籍してしまう様子です。

なんか、悲惨。


でも、人事とは思えないです。


横浜F・マリノスも、マリノスタウンという素晴らしい施設を作ったのはいいのですが、世界の経済状況が思わしくなく、補強にも余りお金が使えないみたい。

若い選手たちが、ここはしっかり頑張って、結果を出して、自分の足で稼ぐ。

いい成績、面白いサッカーで観客を楽しませる。

それによって、集客も伸びる。

そういう、好循環を引き起こさないと、明るい未来は見えてこないということなんでしょうね。


来年の開幕が、3月6日に決まりました。

横浜F・マリノス
横浜F・マリノス、開幕スタートダッシュに向けて、頑張っていきましょう。


寒いので、風邪を引かないようにね。

posted by とりこ at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |

2009年12月15日

へたくそ

あ〜あ。

言っちゃった。

横浜F・マリノスの新監督に就任すると決まったばかりなのに。

木村和司さん。

ショック療法ですか。

選手たちに、何クソ!という気持ちを起こさせようという、はからいですか。

確かに、本当にスペシャリスト集団であれば、10位ってことはないんでしょうが。

仲良しクラブではダメ。

とことん、しごく!

そういうことなんでしょうか。

「心技体のレベルを上げていきたい」

これ自体は、大賛成ですね。

サポーターも頑張らねば・・・・




樋口さん、戻ってきましたね。

横浜FCに行って、どうなったんでしょうかね。

posted by とりこ at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |

2009年12月14日

就任会見

噂では、今日、横浜F・マリノスでは、木村和司新監督の就任会見があるそうです。

どんな話があるのかしら。

選手たちには、きちんとお話しできたのかしら。

マスコミよりも、選手たちん方にしっかりお話してくださいね、和司さん。

横浜F・マリノス

みんなで感動と喜びを味わえる、新生マリノスのスタート、お願いしますね。

posted by とりこ at 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |

2009年12月13日

更改と保留

横浜F・マリノスの契約更改が、あまり進んでいないような印象ですが、気のせいであって欲しい。

そう勝手に自分を説得させています。

昨日は、飯倉大樹くんが契約更改したようですね。

横浜F・マリノスの公式サイトに載っていました。

一方、横浜F・マリノスの公式サイトに載らないのが保留の話(当たり前ですが)。

山瀬、現状維持を保留…横浜M

横浜F・マリノスの山瀬功治

プロの世界ですから、選手の評価はどうしても、金額という数字で表さざるを得ません。

約5千万ですか。

一般人にとっては、とっても羨ましい数字ですが、選手寿命の短いサッカー選手にとっては、どうなんでしょうか。

私たち、サポーター、ファンから集めたり、スポンサー収入が有効に、しっかり貢献度に応じて分配されて欲しいのですが。

もっとも、山瀬功治くんはじめ、何名かの選手がこれまで契約更改を保留しているのは、金額だけの話ではないような気もしています。

昨日、天翁杯で木村和司次期監督がテレビの解説をしていたようですが、それよりも、選手たちの心をしっかりつかむ時間をかけて欲しいなあ。

NHKとの契約も残っているのかもしれないですが。

他のクラブで、こんな話があったようですが、横浜F・マリノスにとってもなんか考えさせられる話?

選手にリスペクトを…巻がクラブに物申す!

posted by とりこ at 18:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |

2009年12月12日

横浜F・マリノスには、スパルタよりも

横浜F・マリノスに関するこんな話が出ていました。

横浜M・木村監督 超スパルタ宣言

この記事に名前が上がっている選手たち、今まで生ぬるい練習をしていたの?

そんなことはないと思うんですけど。

渡邊千真くんは、新人得点記録を更新したし。

狩野健太くんは、セットプレーでの精度は少し悪かったけれど、ゲームの組み立ても出来るようになったし、守備にも貢献できるようになったし。

長谷川アーリアジャースールくんだって、守りはまだまだだけど、攻撃面ではできるようになってきたよね。

兵藤慎剛くんは、終盤怪我も当て出番が少なかったけれど、献身的なプレーが魅力でした。2桁得点いは程遠かったのは残念ですが。
横浜F・マリノスの兵藤慎剛

個人個人の力をもっと伸ばさなければいけないのは、否定しません。

厳然たる事実ですから。

10位ですし。

でも、どっちかっていうと、チームとしての方向性、戦術というか、全体でどうやって攻めるのか、守るのか、そのあたりの工夫が欠けているような気がしています。

そのあたりをしっかり選手たち全員の意思疎通をまとめて11人の力をまとめて戦うことをするのが、大事なんじゃないかしら。

違うかなあ。

posted by とりこ at 15:23 | Comment(2) | TrackBack(1) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |