2008年06月29日

チーム戦術、マリノスとジュビロの戦い

昨日の試合、前半はスコアレスのドローで終わりました。

前半と同じように、いくつかチャンスがあると信じてみていると、全体的になんか、チェックが甘くなっていく。

特に、ロペスの動きがゆるくなってきているのが私にも歴然。

それでも、桑原監督は信じていたのでしょう、前半のミドルシュートのような砲撃を。

ロペス自ら足の治療のようなそぶりを見せていたのも、そのまま、Go!

交代の兵藤くんも一度出てきたのに、引っ込んじゃった。

どうして?と思っていたら、ロペスとマツこと松田直樹の間にポカンと間があいていて、二人とも、相手にチェックに行かず、そのまま、シュートを打たれ失点。

あ〜あ。

横浜F・マリノスvsジュビロ磐田

みんな、チェックがゆるくなってきたのがそのまま失点に繋がった、典型的な後手。

リーグ中断中に、戦術練習を徹底したという監督の胸中はどうだったのでしょうか。

私が思ったのは、攻撃が単調。

相手に怖さを与えられていない気がします。

大島秀夫さんの投入が遅かったのは何故なんでしょうか。

相手は、それほど高さの無いチーム。

そして、キーパー川口選手も、ハイボールを苦手としていることで有名。

それなのに、どうしてなんでしょう。

大島さんのポストプレーがもっと早い段階で必要じゃなかったのかしら。

そして、サイド攻撃。

両サイドがともにあがると、リスクがあって、カウンターの反撃を受けるという危険があるのはわかるのですが、どうして、こうもいつもいつも、右、左、片方だけしか行かないのでしょうか。

負けていても勝っていても同じ気がしました。

まあ、勝っていてもというのは、昨日の試合では当てはまらないのですが。

リスクを各星無ければ、負けている試合をひっくり返せないですよね。

相手は、けが人続出だったのに、そういうチームにも気合負け?

そんなチームではないはずです。本当の横浜F・マリノスは。

こういうことをホームでt¥やっていたら、観客がますます減っちゃう気がします。

そんなのいやです。

山瀬くんは必死に走っていました。でも、あまりに必死に走っていて、守りに力をいれん蹴ればいけないような後半の展開。

あれでは、相手の思う壺。

もっと、他の選手がしっかりつめていかなければ。

キープ力はすごいけれど、走れないロペス、スタミナ切れが早いロペスは、もっと早めに交代させた方が良かったのでは?

そのために、プレシーズンマッチとか大学生相手の試合で若手を試したのでは?

中澤さんも昨日の試合は疲れからか、隼磨くんとゆるいパス回しをして、相手に少し隙を見せることも。

ちょっと、見たくない場面でした。

とにかく、何を書いているのかわからなくなってきましたが、みんな頑張って。

サポーターも頑張るから。

11位。

このままじゃ来年優勝の復活なんていっている場合じゃないよ!

現実を直視しつつも、前を向いて進みましょう。

posted by とりこ at 22:34 | Comment(0) | TrackBack(1) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ジュビロに勝てないとは
Excerpt: マリノス、今年は、笑えないですね。 ジュビロに勝てないとは。 あんなに、すぐ転ぶチームに勝てないとは。 監督、どうするの?
Weblog: マリノス応援団
Tracked: 2008-06-30 23:02