2008年07月20日

中村俊輔、その後継者

私の応援するサッカーJリーグの横浜F・マリノス。

その横浜F・マリノスに、元のチームメイト中村俊輔くんが...

俊輔 古巣横浜Mにハッパ「もがくしか」



ちょっと、冷たさ過ぎませんか、俊輔くん。

確かに今は、全く別のチームなんだけどさあ。

(-_-;)

どうせ、今は、あなたは海外在籍。

ふん。(ぐれぐれ)

でも、

「どうなるんだろう、オレの就職先…」

って、あたりは、かわいいじゃないのさあ。

で、もし中村俊輔くんが横浜F・マリノスにカムバックするとして、セルティックは後任をどうするのか。

それが、北京オリンピックで落選してしまったこの人なのかしら。

水野晃樹くん。

水野晃樹

水野晃樹

水野晃樹

水野晃樹

最新号のJob aidemに、今の心境がのっていました。

セルティックでもなかなか出番が無く、北京オリンピックでも選に漏れ、腐ってしまいそうな気持ちをしっかりと前に向けるところはすごいですね。

ジェフ千葉から大きく羽ばたきつつあるのかなあ?

日本サッカーのためにはこういうチャレンジ精神、必要ですね。

マリノスの選手たちも、必死に戦って、負けないようにしなきゃ、ね。
posted by とりこ at 09:35 | Comment(2) | TrackBack(1) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
ちょっと待った!ってこんな前の話題にコメントつけちゃってすみません。

俊輔はよく「もがく」という言葉を使います。とても良い意味で。
レッジーナ時代は「もがき続けた」から今の自分があると。「もがき続けた自分」は俊輔の誇りでもあるんじゃないかと。
俊輔のいう「もがく」というのは「壁に立ち向かって決して逃げない」という意味だと思うんですね。
最上級のエールだと思うんだけどな・・・

ごめんなさい。感じ方は人それぞれですよね・・・。

俊輔は海外に行ってからもマリノス戦のDVDをとりよせて観ているそうですよ(佑二ブログに俊輔からアドバイスもらったという話がありましたよね)。こんなマリサポな選手、他にいないと思うのだけど・・・(苦笑)

J2に降格なんてことになったら、恐らくマリノスは俊輔へオファーを出すのはあきらめるでしょう(常識的に考えて)。どんなに帰ってきたくてもこれないと考えるほうが自然です。

だからこそ、マリノスの奮起に俊輔も期待しているんじゃないでしょうか。
Posted by こっぺ at 2008年07月23日 17:25
こっぺさん

そうですね。

マリノスに対する愛の表れ、その結果の叱咤激励ですね。

そう信じることにします。

俊輔くん、助けて〜
Posted by とりこ at 2008年07月23日 22:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

俊輔、マリノスを見放さないで
Excerpt: 横浜F・マリノスの窮地に、みんなの心をひとつにしなければいけないときに。 とりこと横浜F・マリノス 冷たいですね。 そんな冷たい人間なら、マリノスには不要。 10番は山瀬功治選..
Weblog: マリノス応援団
Tracked: 2008-07-20 11:07