2008年09月15日

横浜F・マリノスが弱い理由。戦績を見つめなおす。

この順位にいるチームではないはずなのに...

横浜F・マリノスは、こうであってはいけない。。。

そう思いつつ、冷静に、状況を見つめ直さなければいけない。

横浜F・マリノスが、何故、弱いのか。

弱くないはず....

というわけで、少し客観的に見てみました。

【ホーム試合】試合引分得点失点
コンサドーレ札幌121471322
鹿島アントラーズ126512511
浦和レッズ137332515
大宮アルディージャ115241310
ジェフユナイテッド千葉124171216
柏レイソル126331810
FC東京134541715
東京ヴェルディ116142112
川崎フロンターレ126332216
横浜F・マリノス12633158
アルビレックス新潟127231712
清水エスパルス136341713
ジュビロ磐田113351314
名古屋グランパス126241815
京都サンガF.C.127231412
ガンバ大阪125431814
ヴィッセル神戸125341613
大分トリニータ12921186

ホームでの試合の成績は、それほど悪くはありません。

得点は相変わらず多いとはいえませんが、失点はかなり少なくなっています。

ところが....

一方、アウェイでの試合結果は。

【アウェイ試合】試合引分得点失点
コンサドーレ札幌123181423
鹿島アントラーズ126151914
浦和レッズ115331410
大宮アルディージャ134361520
ジェフユナイテッド千葉12156822
柏レイソル123271218
FC東京116141415
東京ヴェルディ133371324
川崎フロンターレ126242017
横浜F・マリノス121381018
アルビレックス新潟12237723
清水エスパルス112451320
ジュビロ磐田134271521
名古屋グランパス128131811
京都サンガF.C.123361115
ガンバ大阪124351418
ヴィッセル神戸122731013
大分トリニータ12345710

弱い。

はっきり言って、弱すぎます。

1勝だけ。

負け数に限っては、ジェフユナイティッド千葉より多く、コンサドーレ札幌と同数。

これは、いけません。

内弁慶ということなのでしょうか?

お人よしなのでしょうか?

横浜F・マリノスのみんな、優しすぎます。

もっと、敵地でファイトしていいって事です。

サポーターの力がやっぱり、足りないせいなのかなあ。
横浜F・マリノス

次節は、この苦手なアウェイ。

9月20日に、敵地でのジュビロ磐田戦。

そして、その3日後には、すぐ、ホームでの試合。

場所は、国立。

今、日産スタジアムは芝が悪いから、国立で良しとしましょう。

この国立での試合をいっそう盛り上げるためにも、まずは、川口能活選手から、ゴールを奪わないとね。

サポーターのブーイングも援護射撃!

でも、正々堂々と戦わないといけないですね。

国連世界平和デー「世界停戦日」にちなんでの試合だそうですから、当日は。

サッカーという戦争はやめられないですが、本当の試合はなくなさいといけない。

そう思います。


posted by とりこ at 06:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック