2008年10月13日

天皇杯を見ていたら、マリノスのことを考えてしまった

昨日、天皇杯をテレビで見ました。

懐かしかったです。

ドラゴン、久保竜彦さんが、豪快にボレーシュート。

ヘディングでもいいんじゃないっていうほどの高いボールを強烈に決めちゃってました。

すごいなあ。

もしかして、体の切れも戻ってきたんじゃない?

来年、サンフレッチェ広島がJ1にあがってきて対決するときに、気をつけないとね。

で、もうひとつ、横浜F・マリノスのことを考えてしまったのが、解説者。

去年監督だった早野さん。

結構、的確な解説をしていて、感心しちゃいました。

でも、相変わらず。

NHKなのに。

「大体大(だいたいだい)なんだから、大体入ればいいっていうくらいの気持ちで打っちゃえばいいんですよ」

だじゃれ好きですね。

変わらないなあ。

これがあるんで、監督向きじゃないのかしら。

posted by とりこ at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック