2008年11月30日

ヴェルディに引導を渡した男

昨日のクラシコ。

横浜F・マリノスの1点目は、本当にすばらしかったです。

でも、あの1点で終わってしまっていたら、きっと、単なる勝利で。

サカティも投入して、追加点を狙いに行った、木村監督だったんでしょうが、サカティがどことなく元気がない。

投入された直後は走っていたんですが、相手選手と接触?してから、なんか、走れなくなってしまった感じ。

このスコアボードのまま終わりかな?
サカティ投入後のクラシコ1対0

坂田大輔くん、走れない代わりに、コーナー付近で時間稼ぎ?

そう思ってたら、相手が闇雲にクリアーしたボールを一人の男が、狙っていました。

アーリア。

メンバー交代のシーンでは、長谷川アーリアジャスールではなく、「アーリア」でした。

ごーーーる。
クラシコ勝利を決定つけるゴール

もしかして、この試合、ファーストタッチじゃなかったかしら。

そして、初ゴール。

まさに、ごっつぁん!!!
クラシコ2対0

クラシコ2対0

そして、この直後は、もう、スタジアムは試合終了前から、トリパラグルグルでしたね。
クラシコ勝利のトリパラ

正直言って、アーリア、今年は精彩を欠いていた印象が強かったんですが、逆に言えば、そういう選手に止めをさされたヴェルディは、がっくりきたでしょうね。

まさに、撃沈!!

お互いに清々堂々と戦った末の勝利。

松田直樹、アーリアの二人がこの試合の印象を強く残してくれましたね。
posted by とりこ at 09:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック