2008年11月30日

ホーム最終戦で見た大島秀夫のすばらしさ

昨日は、横浜F・マリノスが勝利をおさめ、とてもいい日でした。

ホーム最終戦でもありましたし。

相手は、あの東京ヴェルディでしたし。

でも、試合終了後のセレモニーで、ちょっと、涙が出てきてしまいました。

ゴール裏に大きく映った横断幕。
大島秀夫さんへの横断幕

大島秀夫さんに向けての熱い気持ち。

フロントはどうしてわかってくれなかったんだろう。

二つありましたね。横断幕。

アップにしてみると。

ひとつは、これ。

待ってるぜ 大島 俺らと共に天皇杯獲ろうぜ
「待ってるぜ 大島 俺らと共に天皇杯獲ろうぜ」

もうひとつは、これ。

国立まで大島と共に戦う
「国立まで大島と共に戦う」

みんなに愛されていますよね、大島秀夫さん。

笑顔も素敵でした。

笑顔の大島秀夫

笑顔の大島秀夫


1試合でも多く、大島秀夫さんと戦いたい。

選手も、サポーターもそう願っています。

準決勝だけでなく、元旦まで、国立に行って、笑顔でこれまで一緒に戦えたことを喜び合いましょう。
この記事へのコメント
自分の席からは横断幕は見えてなくて、こちらで初めて見させて頂きました。
胸が熱くなりますね。

なかなか見せないオオシの笑顔。
その笑顔を見れてホッとしたと同時に益々切なくなりました。

フロントよ、本当にオオシは必要ないのか?

突然お邪魔しました。
Posted by おこ茶 at 2008年12月01日 00:14
おこ茶さん

大島秀夫さん、あんなに素敵な笑顔をみんなに見せてくれて。

つらいはずなのに。

やっぱり、プロって、厳しい世界ですね。
Posted by とりこ at 2008年12月01日 22:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック