2008年12月01日

クラシコ勝利の立役者コンビ

クラシコで勝利したのは、このコンビの活躍のおかげ。

松田直樹と長谷川アーリアジャスール
松田直樹さんと長谷川アーリアジャスールくん。

この二人、どちらも初ゴールだったんですね。

松田直樹さんは、これまで、いろんなゴールを見せてくれましたが、今年は「初」だったんですね。

なんか、どっかで見たような気がしたんですけど。

アーリアの方は、怪我で戦列を離れてしまって、その間にポジションを奪い取る機会を失ってしまったこともあり、出場時間からいってもしょうがない気がしますよね。

二人とも、「初」、おめでとう。

それにしても、核となる点取り屋が出なかったのが、今年の苦戦を象徴していますね。

来年は、いろんな人に点を取ってもらいたい、そう思いつつも、一人で二桁得点できる人が横浜F・マリノスに現れてほしいなあ、とも思っちゃいました。
posted by とりこ at 06:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
「1-0で冒険するなー」と思ってたらダメ押しを決めちゃいました。
コーキチマジック炸裂でしたね。
来期は狩野・兵藤に加え、兄・乾・俊輔・コータとワクワクするメンツですね。
後は本当にいいFWがいれば上位を狙えるんじゃないでしょうか。
来年が楽しみです。
Posted by 市村 at 2008年12月01日 15:17
市村さん

コメントありがとうございます。

まさに、マジックでした。

相手は、きっと戦意喪失になったことと思います。

FW、来年はどうなるんでしょうね。
Posted by とりこ at 2008年12月01日 22:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック