2009年05月06日

2桁

負けたくない相手に、負けちゃった。

点を絶対に取りたいキーパーから奪う気配もあまり感じることができず。

木村浩吉監督「調子がいいときに(布陣を)いじりたい」

どうして、田中裕介くんはベンチスタートだったんだろう。

木村浩吉監督「前半はミスしてピンチの連続だった」

選手だけ?

試合前から、ミス?

京都サンガF.C. vs 横浜F・マリノス 0−2。

中澤佑二さんも、簡単にパウリューニョに振り切られちゃった。

ディエゴのシュートは、相手を褒めるしかないかしら。

京都サンガF.C. 18

横浜F・マリノス 11

同じ2桁でも、横浜F・マリノスはかろうじて。

シュート数です。

渡邉千真くんもほとんどシュート無く。

山瀬功治くんも、あまり無かった気がします。

兵藤くんも、頑張っていたけれど、同じくシュートは。

2桁といえば、得点2桁を狙っている人たちも、いっぱいいるはずだけど、この試合だけは、そんなこといえる状況じゃなかったですね。

悔しい。

これで、順位も2桁。

こんな2桁いやだよ。

次は、なんとなくいやな相手。

九州石油ドームで、これまでなら、ホームにめっぽう強い大分トリニータ。

今の大分トリニータの状況を考えると、怖いもの知らず作戦で何をしでかすかわかりません。

京都の連敗も止めちゃったので、横浜F・マリノスも気合を入れなおすでしょうが。

今度は、大分の連敗を止める、なんて言われたくないでしょうから。

それにしても、なんとなく、怖い相手。

両チームとも、プレッシャーがかかりそう。


posted by とりこ at 07:18 | Comment(0) | TrackBack(1) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

粘りが無い
Excerpt: 同じ負けるにしても、もう少し悪あがきはできないものか。 必死にやって、次につなげる姿勢がほしい。 監督も、交代選手起用の意図をはっきりさせるべき。 横浜F・マリノスらしさを。
Weblog: 横浜F・マリノス入魂
Tracked: 2009-05-06 16:40