2009年05月09日

気合、この男たちがそれを証明

横浜F・マリノスは、下位に低迷している大分トリニータの必死さを警戒しなければいけないですね。

相手は、シャムスカ監督です。

何をしてくるかわかりません。

横浜M・中沢、最下位大分“必死さ”警戒

中澤佑二さんも同じ気持ちのようです。

でも、相手より、まずは自分でしょうね。

自分たちの戦う気持ちをいかにピッチで表現できるか。

普段の実力を素直に表すことができるかでしょう。

若いメンバーが多いマリノスは、実力をなかなか、そのまま、表すことができないでいるような感じです。

でも、奇跡的な回復力で、マリノスに渇を入れる男が出てきました。

腰痛から復帰 松田先発もあるぞ!…横浜M

松田 故障明けも志願のメンバー入り

生涯マリノスですものね。

男、松田直樹さん。
横浜F・マリノスの松田直樹たち

本当に、マリノスのために、できることは何でもしようとしてくれています。

勝ちましょう、大分に。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック