2009年06月13日

来週へ持ち越し

「来週の半ばまで返事を待たなくてはいけない」

ナビスコカップだけでも、落ち着かない状況なのに。

中村俊輔くんの話まで、こんなに気長に待たされることになるとは。

「世の中、正しいことが通らない時がある」

今日の政治家の言葉ですが、何か、考えさせられる言葉です。

横浜F・マリノスも、中村俊輔くんもお互いが正しいと思ってすれ違いになっちゃったの?

信念を曲げない頑固さ、ありそうだものね。


この記事へのコメント
>「世の中、正しいことが通らない時がある」

サッカーとは関係ないけど
まさかあの人が発した言葉を正だと思ってるんだとしたら、いろんな意味でやばいよ。。。
Posted by あつ at 2009年06月13日 13:00
あつさん

コメントありがとうございます。

あの政治家さん自体がどうかはわからないのですが、世の中、何か、まじめな人、正直者が必ずしも報われないなあ、って思うこともあって。

でも、めげてばかりではいけませんね。

前向きに頑張ります。

Posted by とりこ at 2009年06月13日 14:54
中村俊輔はほぼ100%来ないと思いますよ…残念ですけど。

交渉中に「話が違う!ちょっと考えさせて下さい」=「もう辞めた他に移籍する」ってことです。

もし残り1%でも可能性があるとしたら〜息子が「ぼく日本に住みたい!もう外国はやなんだ!日本で友達たくさん作るんだ〜い!パパなんか嫌いだー!嘘つきー!」とか言って泣きやまない時くらいでしょうか?(爆)

マリノスのことは考えずサッカー選手として中村俊輔を考えた場合スペインに行くのが一番よい選択だと思います。

中村俊輔が来なくてもマリノスはあと数年たって今の若手が成長した時には手がつけられないほど強いチームになることでしょう!

それまで、その日が来るまで!マリノスを見捨てず皆で応援していきましょう!
Posted by 通りすがりのマリサポ at 2009年06月13日 17:15
通りすがりのマリサポさん

コメントありがとうございます。

>中村俊輔はほぼ100%来ないと思いますよ…残念ですけど。

そうですか・・・

ま、俊輔くん本人としては、いろいろと考えたいんでしょうね。

子供のこと、怪我のこと、選手寿命のこと、日本サッカーのこと。

本人にとっても、横浜F・マリノスにとっても、しっかり考えた末の結論であれば、みんな納得いくと思います。

お金だけの世界にはなってほしくないです。

子供たちの未来を明るくできるような、夢のある話にしてほしいと願ってます。
Posted by とりこ at 2009年06月14日 08:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

中村俊輔の計算
Excerpt: 横浜F・マリノスへの復帰が有力だった中村俊輔。 方向転換しつつあるようだが、その
Weblog: ストロングサッカー
Tracked: 2009-06-14 13:48
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。