2009年06月17日

改めて感じる存在の大きさ

まざまざと感じさせられちゃいました。

普段、いるのが当たり前の状況でしたから。

今日のサッカー日本代表の試合、そう感じた人が多かったのではないでしょうか。

日本も、オーストラリアもセットプレーからの得点だけ。

日本は、逆に言えば、高さで短簡易、あっさりと負けていたということです。

やはり、横浜F・マリノスの中澤佑二さんの穴は大きかった。

攻撃面でも、一生懸命はしていたのは一部の選手だけ。

足が止まって、闘志を見せる選手が少なく感じられました。

中村俊輔、遠藤保人のコンビがいないとがた落ちです。

松井選手は、個人技におぼれすぎではないのでしょうか。

何か、浮いた存在になっていたような。

それにしても、またしてもオーストラリアに。

中澤佑二さん、歯がゆさを感じたことでしょう。

今日の試合、横浜F・マリノスの選手たちはどう感じたのかなあ。


この記事へのコメント
今日の東京スポーツにも松井代表
追放と書かれていました。岡田監督が褒めるとその選手は用無しだそうです。
山瀬選手も散々褒められていましたからね。
Posted by ボギー at 2009年06月18日 23:55
ボギーさん

コメントありがとうございます。

そんな記事があったんですか。

山瀬功治くん、実力は抜群だと思うんですが。

使い捨て扱いは、選手にとってはたまらないですよね。

ただでさえ、サッカー選手は選手寿命が短いですから。
Posted by とりこ at 2009年06月19日 22:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。