2009年06月29日

ここでくじけないことが大切

後半は、前線の誰の得点が見られるかなあ。

そう思って、選手たちの登場シーンをわくわくしながら見つめていました。
横浜F・マリノス

ところが、終わってみれば、ボールをまわしたほうに結果もついてきた。

そういう感じでした。

みんな最後の10分くらいは、必死にやっていたんですが。

キム。危難の右サイドからのクロスに合わせた、渡邉千真くんの完璧なヘディングシュートも、ポストに嫌われちゃった。

どうして、跳ね返ってきちゃったの?

ボールくん。

でも、選手たちのこの深々と頭を下げるシーン。
横浜F・マリノス

誰もブーイングをする人はいなかったと思います。

相手が少しだけ、うまかった。

それだけのことです。

残念ながら、また順位は、2桁になってしまいましたが、次に勝てばいいんだよね。

勝負事なんだから、頑張っても負けることもあるよ。

ここでくじけないことが大切。

悔しさをバネに前進あるのみです。


横浜F・マリノスvsガンバ大阪 1−2。



ラベル:マリノス 横浜
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

本当の意味での強さ
Excerpt: まだまだということなのだろう。 本当の意味での強さは身についていない。 それを痛
Weblog: ストロングサッカー
Tracked: 2009-06-29 22:19
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。