2009年07月12日

夢の三ツ沢が・・・

横浜F・マリノスのホーム、ニッパツ三ツ沢球技場での試合でした、昨日は。

J2からJ1にあがってきた小林監督率いるモンテディオ山形が相手なので、気合負けしないようにしなければいけない試合。

試合開始序盤、いきなり、魅せてくれたのは、渡邉千真くん、坂田大輔くんのコンビ。

相手の数多いディフェンス陣も負けずに、千真くんが体制を崩しながらシュート、キーパーがはじいたところをサカティ、坂田大輔くんが押し込んでくれました。

オウンゴール気味でしたが、ナイスです。
横浜F・マリノス坂田大輔のゴールに喜ぶイレブン

ゲーム序盤でのみんなの盛り上がり、いいです。
横浜F・マリノス坂田大輔のゴールに喜ぶイレブン

きらりと輝く電光掲示板に、坂田くんの名前が。
横浜F・マリノス坂田大輔のゴール

まだ、2分。

粉跡、何点取れるのかなあ。

と、わくわくしていたんですが・・・

天野貴史くんの気迫あふれるプレーも良かったです。
横浜F・マリノスの天野貴史

でもね。

私が昨日書いた

流れの中からの得点も大事ですが、この写真の場面のように、松田直樹さん、栗原勇蔵くんも参画するセットプレーというチャンスをしっかりものにして、得点を重ねていけば、相手に与えるダメージも大きいはずです。

が、まさか、逆の形で現実のものとなってしまうとは。

セットプレーのマークのつき方、こんシーズンは、全くダメ。

特に、ファーサイド。

ボールばかりに目がいっていて、人に対するマークが全くケアーできていません。

ガンバ大阪の遠藤保仁選手にやられたのもそうだし、ほかの試合でも結構目立っている気がします。

2失点目も高い栗原勇蔵くんのジャンプをうまくボールに越えられ、ジ・エンド。

中澤佑二さん、飯倉大樹くんの間を抜かれちゃった。

セットプレー、練習してんのかなあ。

してないんじゃないのかなあ。

攻撃も守りも。

攻撃もセットプレー気まらないし。

流れの中からの得点の方が、決まれば、かっこいいに決まっているけど、相手も守りを固めてくるんだから、多数対多数のセットプレーがやっぱり大事だよね。

それから、終盤の監督采配もよくわからなかったなあ。

坂田大輔くんを下げて、守りが堅くなればまだしも。

坂田くんがいなくなって反対に、前線の守備がおろそかに。

小椋くんも途中出場では、何かフィットしないでミスしているし。

これじゃあ、坂田くん、自らゴールを祝福できなくてかわいそう。

もうひとつ。

クナンくん、水沼宏太くんの使い方

毎度同じで時間もないのに、捨てゴマみたいで、あれでいいのかしら。

中盤の組み立てもできていないのに、結果を出して来いと送り出されて。

パワープレー要員じゃないとか、いつも言っているけど、監督の思いは結果が出せない繰り返し問う結果が続いている時点で、失敗だよね。

もっと、選手を生かすことをするのができないのかなあ。

クナンくんは、足元がうまくぃんだからサイドで使った方がいいよ。

クロスも正確では速いし。

足も速い。

水沼宏太くんだって、もっと時間をあげて、中盤と連携させてあげられれば。

斉藤学、齋藤陽介くんもそろそろ、見たいよ〜。

ハーフタイムの指示、あと1点とって来い。

それしか言えないのかなあ。

実際には、違うことも言ってんのかなあ。

何か、愚痴ばかりになっちゃった。

posted by とりこ at 12:28 | Comment(2) | TrackBack(0) | 横浜F・マリノス
| にほんブログ村 サッカーブログ 横浜F・マリノスへ | | |
この記事へのコメント
出来ましたら、現時点のとりこさんの考える先発のベストメンバー(11人)を教えてください。私はそろそろ狩野選手を外した方が良いと思うのですが。
Posted by ボギー at 2009年07月12日 23:21
ボギーさん

コメントありがとうございます。

狩野健太くん、パスはうまいんですが、どことなく緩さがあって、相手がガツガツ来ると負けちゃうところが目に付きますね。

私の考える先発ですか・・・

そうですね。

少し考えさせてください。

11人という限定だとやはり少し悩んじゃいますね。
Posted by とりこ at 2009年07月13日 05:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック